ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第1シリーズ、第2シリーズ、第3シリーズの完結編で、各シリーズに登場した主要キャラは殆ど登場。中でも、第2シリーズの主要人物・小田切竜は山口久美子と共に事実上の主人公の立場。
ちなみに年齢は白金学院高校卒業生(24歳)→黒銀学院高校卒業生(22歳)→赤銅学院高校卒業生(19歳)→赤銅学院高校3年D組(18歳)
(誕生日の関係上当てはまらない人もいる)

登場人物

主要人物

山口久美子(29)
役者:仲間由紀恵
本作の主人公。序盤に乗っていた飛行機がハイジャックされ、犯人を懲らしめていた。その後、教育実習生となっていた小田切と再開し、共に行動するようになる。相変わらず、熱血すぎる部分やボケな部分が目立ち、小田切に度々ツッコミを受けている。小田切と2人で歩いていたところを偶然赤銅学院の卒業生たちにみられ、付き合っていると勘違いされた。その後も度々白金や黒銀の卒業生と通遇している。
受け持つことになった、赤銅学院の3Dには全シリーズ同様最初はウザがれている。高杉たちがブラックスカルに目をつけられていることを知り、高杉1人を行かせた他の生徒を叱責したあとに高杉を助けた。
後半では覚醒剤のことで寺田に冤罪を着せられ逃亡した風間を探すために奮闘。彼から真実を聞かされた後、寺田の出馬決起集会に乱入。黒瀬の部下達と対戦するが、手下が武術に長けていたことに加え、自分を庇った小田切が人質にされたことで動けなくなり、追い詰められる。しかし、赤銅学院の卒業生が駆けつけたことで逆転し、黒瀬を追い詰めた。その後、黒瀬に説得をして彼の逮捕に貢献。
エンディングでは小田切の教育実習期間が終了するということで思い出作りに赤銅学院高校の3Dと缶蹴りをした。

小田切竜
役者:亀梨和也
第2シリーズに登場した黒銀学院高校3年D組の矢吹と共に中心的だった生徒。なんとなくという考えで教育実習生になり、赤銅学院高校に赴任した。その際に山口、馬場、猿渡と再開(ちなみに猿渡のことはまだ「さるわたり」と言い間違えている他、山口と同じく「教頭」といっている)。ドラマ版第2シリーズ同様、冷静な山口のツッコミ役で多々呆れている(特に再会した直後には「一層暑苦しくなったな」と発言している)。しかし、自分のやりたいことが見つかっておらず悩んでいるため、自分のやりたいことを真っ直ぐ突き通している山口を尊敬してもいる。山口と一緒に歩いていたところを赤銅学院卒業生に発見され、彼氏と勘違いされた。
赤銅学院高校の3年D組の姿を昔の自分たちと重ねており、彼らにアドバイスをして、高杉たちが巻き込まれたブラックスカルの事件を山口と共に解決。また、覚醒剤の冤罪を着せられて逃亡していた風間を教室で発見し、彼に助言した。その後、黒瀬の悪事を止める山口に協力し、その途中で通遇した土屋に黒瀬の本性暴露を手伝ってもらっている。
ドラマ本編時に比べると不良相手に普通に戦えていたり、人質にされても巻き返すなど身体能力が地味にアップしている。
終盤では実は山口の元に行きたいという理由で母校の黒銀ではなく赤銅学院高校に赴任したということが判明した他、教師という仕事も悪くないと思うようになった。缶蹴りの時には山口にお礼を言ったが、彼女には聞こえていなかった。

赤銅学院高校3年D組

現在山口が受け持っているクラスで、白金、黒銀、赤銅の卒業生同様荒れている。第3シリーズの卒業スペシャルで2年生として初登場している。
終盤は高杉を筆頭に山口を助けるために出馬の会場に乗り込んだ他、最後には山口や小田切と缶蹴りをしている。
赤銅学院の卒業生(一つ上の先輩)には敬語&さん付け(1度風間のことを風間先輩というシーンがある)だが、教育実習生の小田切には呼び捨て。

主要人物

高杉怜太
役者:玉森裕太
2年の頃に不良の集まりである荒高から転入してきたワルでクラスのリーダー格。
喧嘩がかなり強いが、クールで冷めた態度。
追っ払ったチンピラが暴走族「ブラックスカル」の一員であり、自分たちが問題を起こせば辞めることになる山口に借りを作りたくない一心でブラックスカルに単身で乗り込む。
ブラックスカルとの一件が終わってからは山口を信頼するようになり、黒瀬の出馬の際にヤンクミの危機を悟って教室を抜け出すなど熱い一面を見せた。終盤の缶蹴りの際、山口のことを「ヤンクミ」と呼ぶようになる。

望月純平
愛称は「モッチー」。
松下直
五十嵐真
武藤一輝
上記4人はピンチの時には高杉に助けてもらっており、「親友」「仲間」と言っているが高杉がいないと何も出来ず、高杉が単身で乗り込んだ際には止めることも、一緒に行くことも出来なかった。しかし、山口や小田切の言葉に心動かされ、後で駆けつけ謝罪した。

その他

大友大
金田建太
川上雅大
黒江健介
沢村徹
篠塚一志
柴田りょう
城之内純平

赤銅学院高校卒業生・元3年D組

主要人物

山口と小田切が歩いていたところを目撃してしまい、「ヤンクミに超イケメンの彼氏が出来た」と勘違いして慌てていた。ちなみに先輩の小田切には小田切さんと呼んで敬語を使っている。終盤は黒瀬の本性を暴露するために小田切や土屋と協力し、山口を援護した。

緒方大和
役者:髙木雄也
第3シリーズの赤銅学院高校のリーダー格。風間が一人で問題を抱えこんでいるのを知った際には「もっと頼れ」と言葉をかけた。ドラマ本編では山口のことを最後まで「山口」と読んでいたが、今作では「ヤンクミ」と読んでいる。

風間廉
役者:三浦春馬
第3シリーズの赤銅学院高校のリーダー格。現在は運送会社で働いているが、給料が少ないため夜に荷物運びのバイトをしている。しかし、その仕事が黒瀬や寺田たちに利用され覚醒剤を持っていると冤罪を着せられて逃亡。行方をくらまし、山口の電話にも出なかったが、教室の物音に気づいて中に入った小田切に発見される。その直後に山口や緒方、下記の4人に発見され、山口や小田切の説得で事実を話す。その後、山口が黒瀬の悪行を暴こうとした際に協力し、赤銅学院高校卒業生や小田切、土屋と共に黒瀬を追い詰めた。

本城健吾
役者:石黒英雄
父の豆腐屋を継いでおり、親から怒られてばかりなことを明かす。

市村力哉
役者:中間淳太
現在は大学に行っている。風間が冤罪を着せられた際には「廉はそんな事する奴ちゃう」と彼を信じた。

倉木悟
役者:桐山照史
風間と同じ運送会社で働いているが、怒られてばかりと風間が明かした他、給料が低いことに不満を持つ。風間が冤罪を着せられた際にはそのことを元クラスメイトに伝えた。

神谷俊輔
役者:三浦翔平
現在は専門学校に通っている。

その他

風間が冤罪で逃亡している際には彼を信じて他の元3Dと共に彼を探した。
芦田竜翼
池田弘人
石橋篤海
大隈邑弥
大平康介
岡田慎平
片山心
桂良太郎

黒銀学院高校卒業生・元3年D組 (小田切除く)

主要人物

土屋光
役者:速水もこみち
カメラマンの見習いになっており、決起集会の時に山口や小田切と再会する。黒瀬たちの招待を暴く際に小田切や赤銅学院卒業生に協力し、一役買った。相変わらず扇子を持ち歩いている。

武田啓太
役者:小池徹平
現在は商社で働いている。日向と共に歩いていた際に、二日酔いの山口と再会する。黒瀬の演説に耳を傾けた。山口が活躍する姿を見て自身も頑張ることを決意。

日向浩介
役者:小出恵介
現在は自動車の整備員として働いている。武田と共に行動しており、黒瀬の演説を聞いた。

その他

小島祐基
大森百輔
佐々木タケシ
大熊将士
小橋直哉
川田優一
坂口佑介
前田慶哲
浜口匠
高田源水

白金学院高校卒業生・元3年D組

主要人物

内山春彦
役者:小栗旬
現在は運送会社に務めている。事件解決後に山口と再会。山口の言葉を未だに思い出したりすると語っている。

南陽一
役者:石垣佑磨
事件解決後に山口と再会。山口の活躍を見て高校の頃を思い出し、頑張ろうと決めた。

野田猛
役者:成宮寛貴
事件解決後に山口と再会。仕事に行き詰まっていたが、山口をみて立ち止まってられないと考える。最後に「ヤンクミは自慢のセンコー」と伝える。

熊井輝夫
役者:脇知弘
妻の亜美と共にラーメン屋を経営。山口が男と歩いていることに大騒ぎしていた元赤銅学院3Dにその男が山口の教え子である小田切ということを伝えた。赤銅学院の卒業生や小田切と昔のことを語り合う。白金学院の中では唯一友情出演ではなく、クレジットも分けられている。

その他

島津栄基
大内政行
間仁
服部正文
北条祐也
堀部亮治
前田真吾

余談

シリーズでの主要人物は殆ど登場しているが
第1シリーズのリーダー格・沢田慎
第2シリーズのリーダー格・矢吹隼人
が出演していない(どちらとも役者のスケジュールが合わなかったため)。
しかし、映画を記念したスペシャルでは他の第1シリーズ、第2シリーズの卒業生と共にコメントやメッセージをVTRで贈っている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ごくせんTHEMOVIE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271

コメント