ピクシブ百科事典

さらまんど

かりうはやめて

さらまんどとはファミコン用SFロールプレイングゲーム「星をみるひと」の序盤に登場するモンスターの名前。

概要

ゲームシステムの難解さゆえに伝説のクソゲーと呼ばれるこのゲームをスタートした最序盤から遭遇する、遺伝子操作で造られた攻撃本能しかない「異様な生物」の一体。

名前の元ネタはサラマンダーであると思われ、外見は双頭で嘴を持つワイバーンのような姿である。

さらまんど



しかしこのモンスターには、このゲームが伝説のクソゲーと呼ばれる要因の一つである大きな問題点がある

なぜならばこのモンスターが投げてくる謎の物体かりう(同名の薬も調合できる)にあたると「びょうき」という状態異常になり、一切の行動が不能となった上に戦闘中は回復できないのである。(※実質的にゆるやかな「しぼう

ロマステスタンプ!



なお仲間のESPで回復可能だが、終盤レベルにならないと使えるようにならない上に、この仲間がかりうにかかると回復不可能になってしまう。(※かりうを完全に防ぐ手段はこのゲーム内に存在しない また「異様な生物」系の得意技でもある)

もう一度思い出してもらいたいのは、このモンスターが出現するのが一人旅である最序盤であることを…

ほし



HPや攻撃力は初代『ドラゴンクエスト』であればドラキークラスであろうか。ただし特技扱いの「ザキ」をばんばん使ってくるが。

関連タグ

星をみるひと STARGAZER ロマンシングステラバイザー 
モンスター 双頭 サラマンダー
かりう
初見殺し ゲームにおけるみんなのトラウマ一覧

関連記事

親記事

星をみるひと ほしをみるひと

兄弟記事

コメント