ピクシブ百科事典

かりう

からだじゅうにさむけがおそった

ファミコン用RPG『星をみるひと』のみんなのトラウマ。

××は、かりうを なげつけた。 ○○は、からだじゅうに さむけがおそった。 ○○は、びょうきで うごけない。

概要

かりうとは世界観やストーリーは高く評価されているが、残念ながらゲームシステムの難解さから伝説のクソゲーといわれてしまっているファミコン用SFロールプレイングゲーム星をみるひと』をクソゲーたらしめている要因の一つである恐怖の特殊攻撃。

この特殊攻撃は、戦闘中に遺伝子改造で生み出された攻撃本能しかない「異様な生命体」系のモンスターが使用してくるもので、戦闘中パーティメンバーに「かりう」という謎の物体を投げつけてくる。

この攻撃を受けてしまうと正体不明の「びょうき」に罹ってしまい、体中に寒気が襲うという症状のため行動不能(麻痺状態)になってしまう。

正体については火竜説、カリウム説、顆粒説など様々な考察がファンによってなされている。

このゲームには敵の特殊攻撃を回避する方法および、戦闘中にこの状態異常を回復する手段は存在しない

戦闘を何とか終えることができれば、仲間が終盤使えるようになるESP「にゅうえあ」か、回復薬「くらっと」で治すことができる。(直さないで移動すると一歩ごとにダメージ

しかし、最序盤であるみなみ一人旅のときに出現するモンスター・さらまんどがバンバン使用してくるために多くのプレイヤーにトラウマを与えた。

さらまんど



また、終盤において万全な状態であっても防御手段はないため、全員麻痺してしまうとゲームオーバーという概念がない仕様のおかげで、微ダメージで「しぼう」するまで長時間待つかリセットするしかない。

この恐ろしい「かりう」と同名の薬を、中盤には調合によって造りだすことができるのだが、戦闘中使用すると…

「かりうをのむと からだじゅうに さむけが おそった。」
って自分が飲むんかい!

なおこのタグが付けられたイラストにある「ねつが でて くるしい。」は、本作中のイベントで「でうすのむら」の村人が感染して苦しんでいる「りんすきんびょう」の症状によるものであり、正確には異なる。

幸星をみるひと


関連タグ

星をみるひと STARGAZER ロマンシングステラバイザー 
状態異常 病気 麻痺
さらまんど もっこし
初見殺し ゲームにおけるみんなのトラウマ一覧

関連記事

親記事

星をみるひと ほしをみるひと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かりう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 350

コメント