ピクシブ百科事典

みんみ教

みんみきょう

don't think feel mean me.(新約カ=ヴァン聖書第33書より)
目次[非表示]

みんみ教の歴史

みんみ教の原点はネク・ソン神話にまで遡ると言われている。
この神話については謎が多く残されており、かつて存在した知的生命体がもたらしたとされる機械による文明発展を示したロストテクノロジー説や、遥か古代の日本に存在したという蛙々観音が広めた異文化宗教がベースとなっている神仏習合説などが有力とされているが、未だ全貌が明らかになっていない。

かつてこの神話の全てを知り尽くしたと言われる大教祖タッキトス女神サーバルの存在を世に知らしめた事により、みんみ教は未曾有の繁栄を遂げる事となる。

しかし、サイホッソ正教により「みみ教徒」なる派閥が生まれた事で、同教内ではみんみ派みみ派の二つの派閥に分裂及び対立。さらに後には異文化を積極的に教えに取り入れようとする異端派のあー派ーも生まれ、元より熾烈だった派閥争いはさらに混迷を極めた。

後に穏健派を代表するヘゲンのヘラジ聖母ライオンの尽力により事態は収拾の方向へ進みつつあった。
しかし、みんみ教の中枢機関として機能していたカンドカワ長老教会が突如として反旗を翻し、タッキトスを追放。
後にノー・タッキ・ノー・ターノシーと呼ばれるようになったこの大事件は、残された教徒達の手により作られたピクシッヴ壁画に「大災害をもたらす魔物」として表現されている。

已经······没什么好怕的了······


なお、これらの壁画の数々は歴史的遺産としてジャパリ大聖堂に厳重に保管されている。

タッキトスが消息を絶った事で勢力は大幅に縮小したものの、今もみんみ教を信仰する教徒達が世界各地に多く存在する。

なお、かつて二大勢力として双璧を成していたうどん教とは幾度となくたたかいごっこが繰り広げられていたが、勢力縮小の現在は行き場を失った教徒達を支援するべく、みんみ教への援助活動を行っている。

真面目な概要

そんな宗教ありません。

アニメ版けものフレンズの5話「こはん」にてサーバルが発した「みゃんみゃんみゃんみゃん……みんみー」という鳴き声(?)がカルト的な人気を持ち始め、さらにそこへ1話でサーバルが見せたあの顔を合わせる事で生まれたネタ。

当初から宗教めいたネタとしてちらほら人気があったようで、そこへニコニコ動画ユーザーのミツタリィ氏が投稿した「みんみのうた」を皮切りにみんみ教信者が爆発的に増加、動画制作が得意なフレンズ達によってみんみ教という一つのカテゴリの中で動画が多数生まれる事となった。

一般公開されている名画の数々(一部資料より抜粋)

56億7千万年ののち再臨するサーバルちゃん
アルティメットサーバルちゃん


サーバルちゃん、降臨す
新年日の出



関連タグ

けものフレンズ けものフレンズ(二次創作)
サーバルちゃん みんみー
みんみ汚染

外部リンク

問題の動画

pixivに投稿された作品 pixivで「みんみ教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32297

コメント