ピクシブ百科事典

目次[非表示]

事件概要

日時:2013年9月10日頃
場所:不明ではあるが、初期の低レベルダンジョンと思われる
詳細内容:カーバンクルの命令のうち、ピースを使いこなして無かったことによる暴走

以下、某掲示板での当該文章である。

309: 既にその名前は使われています 2013/09/10(火) 11:54:50.57 ID:PG+g3i8u
CFで「よろしくです~。こっちはペットのむーたんです。むーたんはとってもいい子で(ry」って長々紹介してた巴さん

お前のむーたん暴走しまくりじゃねえかwwwwwww
「むーたんだめ~><」じゃねえよ死ね
盾に「お前のむーたん山に捨ててこい」って言われて抜けてんじゃねえよ死ねwwwwwwwwww

RPするなら気合入れろよ

FF14で起きた事件でもヨシが逃げたシーンと双璧をなす存在である。

解説

以下は当時の仕様に基づく解説である。

巴術士の相棒であるカーバンクルは、召喚された時点で「インターセプト」状態である。
この状態においては「自分が攻撃を行うか、自分またはカーバンクルが攻撃を受けた場合」にカーバンクルがモンスターに自動的に攻撃を仕掛け、追尾する。

モンスターがプレイヤーを「視認」した場合、モンスターのレベルや状態に応じて襲いかかってくるが、プレイヤー以外にもカーバンクルも「視認」の対象となってしまう。
※パッチ5.0にて調整、現在は視認されない。

マルチプレイ要素であり、レベリングやストーリー進行に参加必須のID(インスタンスダンジョン)において、こうした「意図せず敵を釣ってくる状況」は、戦線崩壊の危機を招きかねない。
この為巴術士は非戦闘状態においてカーバンクルを帰還させるか、一切の攻撃行動を取らない「ピース」状態に切り替える事が必要となる。
しかしそれまでソロでやってきた巴術士にはそれが解る機会がなく、結局「何が悪いのか解らない」というケースに陥る。

この事件のせいで、一時期巴術士・召喚士のイメージが著しく悪化。
マッチングでIDに参加するCF(コンテンツファインダー)に来ただけで即抜けされるなどの被害が若干発生していた。
また同一と思われる人物が「真ガルーダ討滅戦」でも多大な迷惑をかけたらしく、後にツイッターアカウントと共に晒されたとの情報もある。

原因として、初期のFF14はチュートリアルが存在しておらず、各ロールの明確な役割を知らないままIDに突入してしまう事が多かった。
「戦闘が終わったらカーバンクルをしまえ」なんてのは、それこそ実地で経験しなければ解らない事だったのである。

パッチ3.2にて「初心者の館」が実装。
初となるIDに突入する前にチュートリアルを行う事、難易度に適した装備「ビギナーシリーズ」が入手できる事、またこの事件が周知されていった事などから、こうした悲劇は過去の話となる。
とは言え完全になくなった訳ではなく、そのたんびに「山に捨ててこい」とまでは言われないものの、注意を受ける巴術士・召喚士がいた。

余談

こうした経緯からカーバンクルのことを「むーたん」と呼ぶ流れが発生。
身内ネタとして「むーたんだめ~><」「山に捨ててこい」とRPする者もちらほらいたとか何とか。
その後、課金アイテムでむーたんことカーバンクルに関連したおしゃれ装備や家具が次々と実装。むーたんを愛するヒカセンならば、手を出してもいいかも知れない。

新生編終盤、暁の血盟タタルが巴術士ギルドに参加。自らも戦力となるべく訓練に挑むが、カーバンクルを扱いきれずに逃げられてしまい大慌てする……というこの話を思わせるイベントが存在する。
ご丁寧にカーバンクルが斜面(山の方)に逃げていく辺り、流石と言うべきか。

関連タグ

カーバンクル FF14 巴術士

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア ふぁいなるふぁんたじーふぉーてぃーんしんせいえおるぜあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「むーたん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205765

コメント