ピクシブ百科事典

ゆうやけこやけ

ゆうやけこやけ

ゆうやけこやけは、日本の田舎町を舞台に、人と妖怪の関わり合いを描く、ほのぼのテーブルトークRPGである。
目次[非表示]

「ほのぼのあったかろーるぷれいんぐ」が特色のテーブルトークRPG
基本ルールブックはB5版書籍で、サンセットゲームズより発売されている。
制作は「永い後日談のネクロニカ」で知られるつぎはぎ本舗による。
http://www.sunsetgames.co.jp/rpg/youyake/youyake.htm

プレイヤーは、日本の田舎町にすむ変化(へんげ)となって、ほのぼのした日常を過ごしたり、困っている人間や妖怪を助けたりする。童話のようなセッションを楽しめるユーザー向けである。

システム面については、他の多くのTRPGのような戦闘ルールは存在せず、他者とのつながりを重視したシステムが特徴。判定にはダイスなど乱数発生装置を用いず、ロールプレイ支援を重視しており、独自性が高い。
また、1セッションは数時間程度と、短時間でプレイできるため、時間がかかりがちなオンラインセッションとの相性も良い。

PCはいずれも変化であり、動物キャラであるが、人間に化けることも出来る。ケモナーも満足の逸品である。
基本ルールではを選択可能だが、サプリメントを利用することで幽霊河童などの妖怪物怪で作成することも可能。最終サプリメントでは、人間をPCとして作成することもできる。
また、あくまで非公式の同人作品であるが、制作スタッフ自身による『東方ゆうやけこやけ』という東方projectキャラを扱うためのサプリメントも発表されている。


表紙や挿絵の多くを、いけ氏が担当しており、氏の世界観と合致したTRPG作品といえる。プレイの参考用に、いけ氏の漫画『ねこむすめ道草日記』も読んでおきたい。

選択可能種族

基本ルールブック

他の変化よりも若干格上の、土地神に近い存在と位置づけられる変化。
他の変化や人間になにかしらの影響を与えることは得意だが、自分から動くのは少し苦手。
また、その立場のためか他の登場人物からの「つながり」を得るのはやや不得手。

人を化かすことがすべての変化の中でもっとも得意。
ユーモラスな能力の揃ったムードメーカー。
単独行動がとっても得意で、隠された事実や心のなかを覗き見るのはお手の物。
ただし、他の人とのつながりを得て仲良くなるのは大の苦手。
誰かを安心させたり、守ったりするのが得意。
また人間との関わりが深い種族でもあり、変化と人間の橋渡しができる。
さみしがりやの兎。
他の人とのつながりを深めるのが非常に得意な反面、逆に誰かと一緒でないとだめ。
他の変化とは風合いの異なった能力が多いのが特徴。
他の変化にはできないことができるが、弱点も多い。

「もののけこやけ」

  • 道怪(みちのけ)

道にあらわれて人を驚かせるお化け全般(のっぺらぼう、おんぶおばけなど)がここに分類される。

文字通りの鬼。
とっても力が強いが、逆に力が強すぎて人付き合いは大の苦手。
  • 河童
水辺に住む妖怪。人魚やカエルなどもここにカテゴライズされる。
水辺に関する能力ばかりだが、選択能力として「異性にえっちな気持ちを抱く」というものが……。
  • 幽霊
亡霊以外にも、ひとりで動く人形や座敷わらし、シーツのおばけなど心霊現象全般がここにカテゴライズされている。
  • マレビト
町の外からやってきてやがて街を出て行く存在全般、という極めて範囲の広い種族。
宇宙人、時間旅行者、サンタクロース、旅の魔法使いなどが例示されているが、その定義の難しさから「町の外からの刺激が欲しくなるまで、そっとしておくのがいいかもしれません」とルールブックに記載されるほど。

ひとつなこみち

  • 蜘蛛
  • 百足

いずれも、長い時間を生きてきた「古い変化」。土地神やそれに近い存在として扱われている。
蜘蛛は物語をよい方向へ導く能力に長けているが、自分のつながりを強化するのは非常に不得手。
百足は少々トラブルメーカー気質。
蛇は能力の強大さゆえのトラブルメーカー気質、と個性付けがされている。
亀は、オリジナル種族を作る際の例示として、河童と蛇を組み合わせたみんなの相談役、と位置づけられている。

これからのみち

  • 人間

他の変化とはまったく異なった立場からゲームに参加することになる種族。
ふしぎな能力については何ら持ちあわせていないが、唯一能力値の成長という概念を持つ。

「つぎはぎサポーター」特典

犬と鬼の中間的な種族。

  • ねずみ
  • 魔女

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆうやけこやけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 361583

コメント