ピクシブ百科事典

ゆめタウン

ゆめたうん

広島県に本社を置く株式会社イズミが運営するショッピングモール。

概要

イズミの本店のある広島県を中心に九州・中国地方に展開し、イオングループイオンモールや、愛媛を本拠地とするフジ(フジグラン)と熾烈な争いを繰り広げている。

1990年代は総合スーパーの形態(イオンでいうかつてのジャスコ、サティ等)で展開していたが、2004年に開業したゆめタウン光の森(熊本県菊陽町)以降、シネコンや専門店街を備えたコミュニティ型ショッピングセンター業態(イオンでいうイオンタウン等)での展開も行っており、いくつかの既存店舗にもシネコンを併設している。

1990年(平成2年)6月14日開店のゆめタウン高梁(岡山県高梁市)を1号店とし、同年10月18日開店のゆめタウン東広島(広島県東広島市)を皮切りに、中国地方を中心として九州北部地方、香川県(四国地方)、兵庫県(近畿地方)へと店舗網を拡大している。

社名と同じスーパーマーケット業態である「イズミ」からリニューアルした店舗も存在する(ただし、店舗面積が小規模の場合など、食品スーパーに小規模の専門店を併設した「ゆめマート」にリニューアルされた店舗もある)ほか、2018年には西友よりザ・モール姫路、ザ・モール周南の2店舗(両店舗はゆめタウン姫路、ゆめタウン下松としてリニューアル)、2019年にはセブン&アイホールディングスとの業務提携により、イトーヨーカドー福山店(店舗はゆめタウン福山としてリニューアル)の譲渡を受けた(なお、隣接する天満屋ハピータウン福山ポートプラザ店もセブン&アイ傘下の天満屋ストアが運営するため、結果的にセブン&アイはヨーカドー撤退よりも掌握する権限が拡大された形となった)。

当初はニチリウグループに加盟していた(かなりの大口であったために、脱退後は西日本における勢力図が著しく変化した)ため、プライベートブランドは「くらしモア」を販売していたが、セブン&アイへ鞍替えしたため「セブンプレミアム」へと切り替えている。

医薬品コーナーの名称としては「ゆめドラッグ」を用いているが、マツモトキヨシとのフランチャイズ契約があるため、通常の「マツキヨ」をやや薄めた様な印象の売場構成をしている。

イズミ独自の電子マネーとしては「ゆめか」が存在するが、セブン&アイとの提携により(ゆめタウン・ゆめマートを出店している地域という条件付きで)セブンイレブン(具体的には「nanaco」をゆめタウン等で、逆にセブンで「ゆめか」を用いて決済する事)との相互利用も本格的に開始(提携以前からごく一部のゆめタウンの店舗では運用されていた)している。

2021年1月15日、同年3月21日にゆめタウン松永が閉店する事が発表(ただし、実際の閉店日こそ一致しているものの、この時点ではイズミ本体ではなく同店内にある場外車券売場を運営する兵庫県競馬組合が先んじて明らかにしており、イズミ本体から正式に発表されたのは2月4日になってからである)された。
同社が開発・運営する「ゆめタウン」業態の商業施設では以下の様に

  • 他企業からの譲受店舗(大村・鳥栖。いずれもニコニコドー)
  • 居抜き店舗を閉店(小野田)
  • 他企業へ店舗を譲渡(宗像。施設自体はLIXILビバ運営の「ビバモール赤間」としてリブランドされ、直営食品売場は引き続き「ゆめマート」として残る)
というケースはあったが、松永の場合は「イズミ直営の『ゆめタウン』としては初の完全閉店」となる。なお、閉店後はドン・キホーテが広島県内2店舗目(広島市外では初)となる「MEGAドン・キホーテ」の開業に向け改装を進めている。

余談

店内で流れている「ハロー!ゆめタウン(同じ系列であるゆめマートに合わせて歌詞を変更した「ハロー!ゆめマート」という替え歌もある)」「ゆめカード5倍デー」「4時から市」「5時から市」は公式サイトで音声ファイルをダウンロードする事ができるが、ゆめタウンのサウンドロゴなどは聴くことができない。

山口県下関市にはゆめタウン長府の開店(1993年)に伴って誕生した『ゆめタウン』という地名がある。

創業者である山西義政は、伊400の機関兵長として乗り込んだ。2015年5月6日のNHK「歴史秘話ヒストリア」放送後には、ゆめタウンのホームページへのアクセスが殺到してサーバーが落ちた。

関連記事

親記事

ショッピングモール しょっぴんぐもーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆめタウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4868

コメント