ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アデラインとはドールズフロントラインに登場する人物である。
レアリティは★5。
遠距離貫通攻撃と、高射速、高耐久性が売りの人形である。
先行版での融合勢力演習にて手に入る。

関連タグ

ドールズフロントライン




























低級権限を書き換え、予行終了。忠誠対象をグリフィンへと変更します。



























































正体

貴方が…指揮官…?私の…指揮官…?













涅托


では…命令を…!

その正体はグリフィン本社が虜獲してオミット改造した黒NYTOの個体の一体。度重なるパラデウスとの戦闘で獲得したプロトコル解析の末、味方として扱うことが可能になった。
クローン体なのは変わらずだが命令系統がすべて削除され、もとになった人物同様の年相応の反応を見せる少女として接してくれる。
そんな量産機として生産されたNYTOの彼女だが、冷徹な人形の仮面の下に幾ばくかの人間としての感情が殻にこもって存在している。そのため普段は冷淡な態度を突き通し、ロボットのような喋り方を崩さない。
しかし、育った環境が悪すぎたためか、指揮官には若干依存気味な態度をとることも…。

ちなみに、アデラインと言う名前は、グリフィンに所属するにあたって独立した自分になる為に自分自身でつけた名前だということが判明している。
彼女はもう、テロリストの操り人形ではないのだ。

容姿

センシティブな作品


普通個体の黒NYTOとほぼ変わらない。
しかし、他の個体と違って笑顔が存在していることが明らかになっている。
また、☆5強化を行った後は体に注していた暗がりのエフェクトが消えて微笑んだ表情になっている。そして、過去の自分を捨て去るような構図で、改造前の自分が爆炎と共に後ろに揺蕩っているビジュアルに変化する。

また、この全身画でNYTOの基本構造が明らかになり、「四肢が人間のモノでなく機械の腕と足」「脚には一連型のブースターが付いている」「足先は針のようにとがった義足」「腰には換装用のジェネレータと弾倉をボックスごと装備」「前掛け意外、なにも着ていない。つまりは上着以外全裸」ということが判明した。
やっぱあの父親変態じゃねーか!

性能

パラデウスの最強戦力格を名乗るほどあってかなりの高ステータス。
デバフにかなりの安定感があるので敵が密集しつつ、かつ高耐久の敵が多いステージで活躍してくれるだろう。

スキル系統スキル名効果
戦術スキル(1)降臨を示す碑文一定範囲内の敵ユニットに「複製者の印」を付与。爆破、火傷の系統ダメージを永続的に増加させる。重複不可。 
戦術スキル(2)静けき睡みアデラインの攻撃回避した敵ユニット、もしくはアデラインが未着弾の攻撃後、簡易型の偏向障壁を展開、ダメージを軽減
戦術スキル(3)告げるは死同じ部隊に編成したユニットのデバフ付与効果を底上げ
必殺スキル謐亡の碑文「複製者の印」が付与された敵ユニットを中心とした爆撃を行う。チャージ中の時間が長引くたび範囲拡大。デバフ持ちの敵には延焼効果が増加する。発動後、短時間にわたって相手の命中率を著しく減少させる。

性能は黒NYTOとほぼ同じ、味方ユニット初の純正の偏向障壁を展開できるうえ、マシンガン人形と同様の射速とリロード性能を併せ持つ。
必殺技では、左目のスカウターがマンダロリアンよろしく制御装置に早変わり、そして手に持った武骨なハイメガキャノンからどっかの可能性の獣もびっくりの高威力レーザーを装甲値をガン無視して貫通させる。ちなみに火傷効果のおまけ付き。また、このアニメーションによってNYTOのスカウターが照準制動装置であることが明らかになった。展開時はバイザーがスライドしてセンサーが出てくる仕組みになっている。

なお、彼女の欠点はチャージ、移動速度共に運用時に少し不安を感じる数値である所だが、初実装のパラデウスなので一度手に入れてみるのもいいだろう。
また、彼女は他のパラデウスユニットの能力をサポートするスキルを持つため新メンバーの追加実装が決定していると考えられる。

また、中国では毒親に不遇同然の扱いをされた彼女を何としてでも救おうと、「縱使阿德林(アデラインちゃんを甘やかそうの会)」が早くも発足していた。なお、誓約の指輪を渡すことももちろん可能である。

指揮官「お父さん!娘さんをくだs…よこせ!

公式紹介

少女前線公式サイト(中國)

本当の関連タグ

ドールズフロントライン
融合勢力
光落ち
クローン

関連記事

親記事

融合勢力 ゆうごうせいりょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アデライン(ドールズフロントライン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25953

コメント