ピクシブ百科事典

アメイモン

あめいもん

アメイモン(Amaymon)またはアマイモン(Amaimon)とは、中世悪魔学で言及される悪魔の一体。
目次[非表示]

表記

日本語媒体では『アマイモン』という表記のほうが多いが、pixivにおいてはこのタグのついたイラストのほぼ全てが『青の祓魔師』のアマイモンのイラストになっている。
アルファベット表記の「Amaimon」でも同じ状況である。

このタグは原典の悪魔や、それをモチーフとしたイラストのタグである。

概要

『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』『悪魔の偽王国』『ソロモンの小さな鍵(レメゲトン)』などの書物に登場する悪魔。レメゲトンに収録された『ゴエティア』では彼の部下とされる東の悪魔として、アスモデウスガープセーレが挙げられている。

『悪魔の偽王国』によると西の王だが、『ソロモンの小さな鍵』では東方の王とされる。
『アブラメリンの書』では8人の下位王子(Eight Sub Princes)の一人であり、四方のうち南を司る。アレイスター・クロウリーは自著『777の書』において彼を北の王とし、地の元素と結び付けた。

アモンマンモンと名前の響きが似ているが、魔術師マクレガー・メイザースが『アブラメリンの書』につけた注釈では「甚だしい狂暴さ、猛烈さ」を意味すると書いている。
アモン(アメン)は「隠されたもの」、マンモン(マモン)は「」という意味なため、この説をとるなら、語源的には別物ということになる。

関連タグ

悪魔

関連記事

親記事

悪魔の一覧 あくまのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アメイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2739

コメント