ピクシブ百科事典

アルウス

あるうす

『鋼鉄の咆哮』シリーズに登場する超兵器の一つ。アルウス(Alvus)とは、ラテン語で「ハチの巣」を意味する。
目次[非表示]

概要

初代『鋼鉄の咆哮 ウォーシップコマンダー』(以下:WSC)で初登場した巨大空母。武装はバルカン砲やミサイル発射機と超兵器としては簡素ではあるものの、搭載する艦載機の量は通常の空母を大きく上回っている。35ノットの高速艦であり、広大な飛行甲板には6基のエレベーターが確認できる。大きさはニミッツ級空母の1.5倍くらいだと推測される。空母であるがゆえに艦載機を失うと火力が激減するが、難易度HARDだと雲霞のように殺到する艦載機からの猛攻撃で甲板損傷に追いやられた挙句アルウスからのバルカン砲の集中砲火によって弾薬庫引火に繋がる恐れがある。

PS2版ではテュランヌスの大西洋方面軍を統括する女司令官ロゼが建造したとされており、作戦司令7において彼女が直々にアルウスに座乗し、直属の航空部隊「告死天使」と共にプレイヤーに襲い掛かる。

WSC2以降にもたびたび同名の超兵器が登場するが、こちらは「超巨大高速空母」という艦種に変更。速力も60ktにまで達するようになり、『鋼鉄の咆哮3』では戦艦並の主砲を備えるまでに至った。

PC版WSC2のアルウス

B-8 「戦慄の序曲」にてルーイン岬沖を航海中の米空母2隻を撃沈すると出現。搭載機はA26インベーダー×2隊、TBDデバステーター×4隊、F4Fワイルドキャット×4隊、F6Fヘルキャット×4隊、SBDドーントレス×4隊、SB2Uビンディケーター×4隊、F4F-7×3隊、F6F-5P×3隊の合計28隊。

前作と同様にアルウス自体の武装は大したことはないが、艦載機とミサイルの飽和攻撃を許すと厄介になる為、各個撃破を心がけねばならない。なお、このステージはアルウスが出現してから一定時間が経過すると、第零遊撃部隊からの援軍が出現する。航空機からの攻撃をかなり分散してくれるので、現れたら積極的に囮として利用すると攻略が楽になる。

超アルウス

『鋼鉄の咆哮2 ウォーシップコマンダー エクストラキット』に登場するアルウスの改良型。カタパルトやエレベーターの数が増えて航空機運用能力が向上しているのは言わずもがな、それまでバルカン砲やミサイルが精々だった従来のアルウスと比較して多弾頭ミサイルやガスダイナミックレーザー等の強力な武装が搭載され、単艦でも十分な火力を備えている。

デザインも従来より大幅に変更されており、可変翼機が翼を閉じたようなシルエットとなる。飛行甲板が損傷するとこの甲板部分が展開し、格納式の飛行甲板を展開させてそこから再度艦載機を発艦させてくる。この状態になると専用のBGMに切り替わるが、このBGMは続編の『鋼鉄の咆哮3』の連合軍側の超兵器戦用のBGMとしてアレンジが加えられて使用されている。

関連タグ

鋼鉄の咆哮 超兵器 空母 艦載機

pixivに投稿された作品 pixivで「アルウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 761

コメント