ピクシブ百科事典

マレ・ブラッタ

まれぶらった

海戦アクションゲーム『鋼鉄の咆哮』シリーズに登場する架空の戦艦。
目次[非表示]

概要

鋼鉄の咆哮』シリーズの第一作目である『ウォーシップコマンダー』に登場する超兵器。巨大かつ高速なステルス戦艦で、その中でも本艦は最高級のステルス性を持つ。マレ・ブラッタはラテン語で「海のゴキブリ」という意味になる。

速力は35ktと、アルウスと同等の速力を持つ高速戦艦。近未来的なその外見から反して重装甲であり、船体最後部に巨大な艦橋を持ち、船体中央、艦橋の前に56cm砲、前部にはVLSを装備しているのが確認でき、更に魚雷火炎放射砲バルカン砲などを搭載している。タンブルホーム船型に近い船体を持ち、ステルス性を意識したデザインとなっており、スッキリとした印象を持つ。

船体の大きさは荒覇吐よりは巨大だが、アルウスよりは小さい。推定全長は400mほどだろう。量産もされており、終盤でも再登場するが性能は変化していない。

PS2版ではプレイヤー側のレジスタンスが開発した超兵器という設定になっており、完成直後にテュランヌスのゴーダが強奪し、敵の超兵器となってしまう。同艦の建造を推し進めていたレジスタンス側の司令官クルーガーはこの一件により責任を問われて解任、後に彼が新生テュランヌスを率いてプレイヤーと対峙する遠因となる。

余談

ネルソン級リシュリュー級と同じく、主砲は艦橋前にしか搭載していないが、後方にも撃ってくる。難易度調整のためだろうか。

「35ktで高速?」と思うだろうが、初代WSCでは後のシリーズほど簡単には速力が上がらない、出せない為、十分な高速艦である。

作中最高どころかシリーズ全体からしても最高のステルス性能を持つ。『鋼鉄の咆哮』シリーズでは「電波妨害装置を装備=レーダーで点滅=ステルス艦」扱いとなっており、マレ・ブラッタは高性能の電波妨害装置を装備している。更に初代WSCでは電波妨害装置の数値による点滅間隔の時間変動が非常に大きかった為、難易度HARDでは更に高性能となり、レーダーに表示されるのが約1分半に一度だけとなる、こうなると走り回って探すほか無い為、ほぼ確実に先手を取られてしまう。

登場するのは初代WSCだけだが、後のシリーズでは「ブラッタ」の名前を持つ超兵器が登場し、伝統のように引き継がれている。名前だけではなく「主砲の配置が前方のみ」、「火炎放射砲を装備している」という点も引き継がれている・・・が、最新作WSG2に登場する後輩だけは例外となってしまった。

関連タグ

鋼鉄の咆哮 超兵器
戦艦 高速戦艦 巡洋戦艦 ステルス

pixivに投稿された作品 pixivで「マレ・ブラッタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117

コメント