ピクシブ百科事典

アルゴスの戦士

あるごすのせんし

アルゴスの戦士は、テクモのアーケードゲーム及びそれを家庭用ゲーム機に移植したゲームである。
目次[非表示]

概要

攻撃時にヨーヨーのような挙動を見せる円盾「ディスカーマー」を駆使し、獣王ライガーを打倒すべく進撃する横スクロールアクションゲーム。闘神インドラの名を冠した5種のアイテム群を取得する事により、ディスカーマーの射程延長や貫通力付加など、様々なパワーアップが可能。
全27ステージと、クリアまではかなりの長丁場になるが、豊富な敵キャラ群と起伏に富んだステージ構成はプレイヤーを退屈させない。また、同社の過去作品スターフォースと同じスタッフが製作に関わっており、100万点ボーナスをはじめとする、様々な大量得点のチャンスが随所に仕込まれている。
巨大な落陽を背に死闘を繰り広げる様はこの作品のキービジュアルでもあるようで、後述の移植作品群でも目にする事が出来る。
因みにメーカーが商号をテーカンからテクモに改めて初の作品となる。

家庭用機移植

ファミコン版

AC版リリース翌年にははちゃめちゃ大進撃と言うサブタイトルをつけてファミコンに移植された。
プレイヤー層の異なるファミコンにあわせてか大幅なアレンジが施されており、スコアと残機制が廃され、俯瞰ステージが追加されているほか、敵を倒し続ける事で戦士の攻撃力や耐久力が上がったり、進行にキーアイテムの収集が必要だったりと、RPG的な要素が付加されている。ライフが尽きたり足場を踏み外すと即ゲームオーバーとなってしまうが、無限にコンティニュー可能な為、クリア難度は低め。AC版のパワーアップアイテムだったインドラ群は出現しないが、要所で闘神インドラ本人が登場し、戦士に有益なアイテムを手配してくれる。

セガマークⅢ版

更に翌年にはセガマークⅢ版としてアルゴスの十字剣が同社の子会社サリオからリリースされた。
こちらは育成要素の無い、残機制の純粋なアクションに回帰しており、パワーアップの仕様もAC版を踏襲している。
タイトルに剣の名が記されているが、使用する武器は相変わらずディスカーマーで、ライガーの手から十字剣を奪還する事が目的となる。

リメイク

PS2版

古代ギリシャ・ローマ世界を舞台にしたリメイク。
ディスカーマーを武器にしている、という以外にストーリー上の関連はない。
ボリュームに欠ける部分はあるが、グラフィック・音楽はPS2ソフト全体を見ても素晴らしい出来である。

WII版

副題「マッスルインパクト」。
主人公のビジュアルが一新されているが、内実はPS2版の移植。

関連イラスト

アルゴスの戦士


神盾の戦士

pixivに投稿された作品 pixivで「アルゴスの戦士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5038

コメント