ピクシブ百科事典

アンクウ

あんくう

アンクウ(Ankou)とはフランスのブルターニュ地方に伝わる死神である。
目次[非表示]

概要

アンクウ(Ankou)とはフランスのブルターニュ地方に伝わる死神で、つば広帽子を被り黒い外套を着た、外側に刃がある大鎌を持つ長身痩躯の男である。現地では教会の浮き彫りにされるほどポピュラーな存在であるという。
死はどこにでもあるため、各教区ごとに担当がいるといわれ、その存在は人では逃れられない死の運命そのものであり、神ですらその決定は覆せない。

服の中身は骸骨であるといわれるが、見たものは例外なく死に誘われるため不明である。
俯いた2人の助手を伴い、痩せた馬が引く馬車もしくは荷車に魂を積んで運ぶ。
海や河の近くの教区を担当するアンクウはボートに魂を積んで運ぶともいわれる。

19世紀の作家アナトール・ル・ブラズ著のベストセラー「The Legend of Death」に詳しく、それによるとアンクウは死の騎士である墓場の守護者で、それぞれの担当する教区で死者の魂を集めている。
その年の最後に回収された魂は新たなアンクウに任命され、翌年はその教区を担当することになるという。

なお、その正体は最初の死者といわれるアダムとイブの子であるという伝承もある。

ブルターニュ地方では鉄道の車輪の音は「アンクウの手押し車」、フクロウの声は「アンクウの鳥」という表現がある。

創作での扱い

  • L'Ankou

ジャン=クロード・フルニエによる漫画作品。原子力発電所に反対するアンクウが登場。

悪魔を使役する女の子
もしも私が悪魔でも


初出は『女神異聞録ペルソナ』でアルカナDEATHのペルソナとして登場。赤いつば広帽子を被り、ぼろぼろの布をまとった前足が鎌状になった獣骨という姿。園村麻希黛ゆきの城戸玲司の3名が降魔可能で、戦闘不能になった仲間をゾンビとして蘇らせる特殊魔法「ドロイド」を持つ。
なお、コミカライズを担当した上田信舟氏が園村麻希が召喚した姿をイラストに描いていたため(一時はpixivでも公開されていた)に、投稿されたアンクウタグの作品はこの組み合わせである。
ペルソナ2』の「罪」では蟲の尾から上半身が生えた姿、「罰」では人型の死神の姿になった。口調はマッド系で、召喚時の台詞は「ず、ずっどぉ~ん!!うぉ、うぉ、俺はアンクウ!!うぉ、うぉ、お前もアン・クウ・トロワ!!」。

関連イラスト

ラフ画爆弾その29
死神少女 アンクウの鎌


関連タグ

死神 フランス

pixivに投稿された作品 pixivで「アンクウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント