ピクシブ百科事典

アンデサウルス

あんでさうるす

白亜紀前期のアルゼンチンに棲息したティタノサウルス類の恐竜の一属(メイン画像右側の竜脚類)。

概要

全長は18mほどの大型のティタノサウルス類である。
名前の由来は「アンデス山脈のトカゲ」から来ている。
背骨の突起が高いのが特徴。現在見つかっている中では、最も古いティタノサウルスの仲間であるが、背骨の構造や繋がり方に違いが見られる全体的にの構造が華奢で、他のティタノサウルス類に比べて、古い特徴を沢山持っていた。

関連タグ

竜脚類 ティタノサウルス類 アルゼンチノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「アンデサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント