ピクシブ百科事典

ルヤンゴサウルス

るやんごさうるす

白亜紀後期の中国に棲息していた竜脚類の一種で、アジア最大とされる恐竜である(メイン画像真ん中の竜脚類)。
目次[非表示]

データ

名前は「汝陽(中国の地名)のトカゲ」を意味する。全長38mほどにもなる大型の植物食恐竜である。

概要

化石は中国中東部の河南省にある汝陽(ルーヤン)盆地、白亜紀セノマニアン期~チューロニアン期(おおよそ1億年前~9000万年前)に堆積した地層から発見されており、2009年に報告されている。全長38mといわれる最大級の恐竜であるが、他の恐竜と同様に
胴椎背骨などに空洞があるなど、軽い体の構造をしていた。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ティタノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ルヤンゴサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント