ピクシブ百科事典

エジプトサウルス

えじぷとさうるす

白亜紀前期~後期のエジプトに棲息したティタノサウルス類の中型の竜脚類である。

概要

全長15mほどの中型のティタノサウルス類である。
名前の由来はエジプトのトカゲ」から来ている。
エジプトで発見された四足歩行の植物食恐竜第二次世界大戦で紛失してしまったと、アフリカ北西部で発見された少ない骨から知られている 竜脚類である。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ティタノサウルス

コメント