ピクシブ百科事典

イサラ・ギュンター

いさらぎゅんたー

戦場のヴァルキュリアシリーズの登場人物。該当人物は2名いる。
目次[非表示]

概要

イサラとイサラ



  1. (左)第一作に登場するダルクス人で、ウェルキン・ギュンターの義。階級は伍長
  2. (右)第一作ラストで登場する、ウェルキン・ギュンターとアリシア・メルキオットアリシア・ギュンター)の実娘。第二作ではまだアリシアのお腹の中である。

なお、タグはイサラのほうが多い。

1.のイサラ・ギュンター

CV.桑島法子

ブルールに暮らす16歳。高い技術力を持つ技師テイマーを父にもつが、幼い頃に両親が事故で他界、テイマーと親交のあったウェルキンの父・ベルゲンに引き取られギュンター家の養子となる。ウェルキンとは義兄妹となり、周囲のダルクス人に対する差別意識からいつも守ってくれるウェルキンを本当の兄のように慕っている。
おっとりしているように見えて物怖じせず、直向きかつ合理的で、頑固なのが玉に瑕。すべてのダルクス人に対する差別がいつか消えることを願っている。
技師としての国家資格を持ち、第7小隊入隊後は父が遺した戦車・エーデルワイス号の整備や操縦を担当し、戦局を有利にするべく兵器開発も行う。ダルクス人に対して特に刺々しいロージーとは度々衝突していたが、共に戦場を潜り抜けていく中で徐々に距離を縮めていった。
父が遺した飛行機に関する資料を元に独力で研究開発を行っており、完成した飛行機にはウェルキンを最初に乗せたいと考えていた。
物語の中盤、マルベリー海岸における戦いで勝利を収め、ロージーとも和解し小隊の絆が一層強くなるという場面で、どこからともなく放たれた敵兵の銃弾に倒れ、小隊の仲間と多くのユーザーを悲しみのどん底へ叩き落とすことになる。
原作では銃撃と同時に後ろにつんのめりになってそのまま絶命。アニメ版では右脇腹を撃たれて出血しているシーンがはっきりと描写されていて、少しの間意識があり、今際の言葉をいうことができている。

関連タグ

戦場のヴァルキュリア イサラ ウェルキン・ギュンター アリシア・メルキオット
みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「イサラ・ギュンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52130

コメント