ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アリシア・メルキオット

ありしあめるきおっと

アリシア・メルキオットは、『戦場のヴァルキュリア』に登場するプレイアブルキャラクターの一人。本作のヒロイン。
目次 [非表示]

「この戦争を振り返ったときに、思い出したいの。命を奪い合っていただけじゃないってこと……新しい命だって、この時代に生まれていたことを……」


CV:井上麻里奈

プロフィール

出身ガリア公国ブルール
人種ヴァルキュリア人
年齢19歳
身長159cm
体重48kg
学歴高卒
階級軍曹
兵科偵察兵
趣味パン作り、花の種蒔き
自分のパン屋を持つ、家族を持つ
習慣ふくれっつらになる、チャーミングな敬礼のポーズ

概要

パン職人になる夢を持つ女の子。兵種は「偵察兵」で、階級は軍曹。正義感が強く、明るく世話焼きな性格で、しっかり者。人の話を聞くのがうまい。


アリシアは物心がついた頃から国境の町ブルールの孤児院に住んでいた、感情豊かで、人の痛みが分かる思いやりのある性格の持ち主、幼い頃から孤児院で幼い孤児の世話をしている。


孤児院での暮らしからか、彼女には明確な家族という区別がないため、故郷のブルールを家族のように思い、守りたいと考えるようになっていた。


パン職人を目指して修業中だったのだが、パン屋に住み込みで働く。故郷ブルールが帝国の侵攻を受けて占拠されたため、ガリア義勇軍に志願した。その結果、第7小隊に配属され、ウェルキンの副官となる。戦闘中に仲間を励まし、部隊の中心になりつつある。


元々ブルールで自警団に所属していたため、戦場での振る舞いも心得ている。まぁ、その巡回中に出会って拘束した不審な青年が、後のになるとは夢にも思わなかっただろうが……


衣装はガリア義勇軍の女性兵の長袖の制服・ミニスカートブーツと、パン職人の目印であるバンダナを組み合わせている。


実はヴァルキュリア人の血を引いており、物語終盤でその力を覚醒させる。力を発現させた時は髪が銀色、瞳が赤というヴァルキュリア人のそれに変化する。


戦後は結婚し、念願のパン職人となって店を持つ、軍用トラックをパン屋に改造しました。その後、一女イサラを儲けた。


保有ポテンシャルは「田舎育ち」「世話焼き」「不思議な体」「ヴァルキュリア」の4つで、後者2つはストーリーのクリアで習得できる。また、戦場に存在しているだけでCPが1増える。


兵種由来のポテンシャルも有用で、後述の無双の一因となっている。


余談

  • アニメでは性格がかなり変わって。ゲームとは全く違う人と言えるでしょう。

アリシア無双

この手のシミュレーションゲームは、主人公やヒロイン等の中心人物の能力が高く設定されていることが多く、本作もその例から外れない。のだが……


  • 機動力が重要な本作で、移動力に優れる「偵察兵」に就いている。
  • ポテンシャルが全体的に強く、不利なものが一切ない。

(特にHPが全快する「不思議な体」と、APが全快する「連続移動」は強力)

  • ウェルキンの「オーダー」を受けると非常に固くなる。
  • もちろん、本人の戦闘能力も高め。

……と、様々な要素が組み合わさり、一般的な難易度のマップなら、レベルや装備を整えた彼女一人を放り込めば、ほとんど制圧できる自体となってしまった。


検索すれば、多くの攻略動画が見られるだろう。


一応フォローしておくと、本作は全体的に難易度が高く、メインメンバー以外は倒れると復活できない仕様なため、その救済措置とも捉えられる。


「ガリアの赤い悪魔」「最強のパン屋」の異名を持つ。


外部出演

電撃文庫FIGHTINGCLIMAX(家庭用でサポートキャラとして登場)

カオスヒーローズオンライン

チェインクロニクル

ファンタシースターオンライン2


関連イラスト

援護射撃


関連タグ

戦場のヴァルキュリア 第7小隊

ウェルキン・ギュンター(後の旦那)

スージー・エヴァンス

ブルール自警団の制服

イサラ・ギュンター(後の義妹or娘)

顔芸(アニメ前半で要員として活躍した)

関連記事

親記事

ヴァルキュリア人 ゔぁるきゅりあじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1810692

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました