ピクシブ百科事典

ウォーターゲート事件

うぉおたあげえとじけん

1972年にアメリカ合衆国で発生した政治スキャンダル。ニクソン大統領が辞任する原因となった。

1972年アメリカ合衆国で起きた政治スキャンダル
リチャード・ニクソン大統領の再選を図る共和党大統領再選委員会が、ウォーターゲートビル内の民主党本部に盗聴器をしかけようとした事件

当初は三流のコソ泥による軽い事件とみなされたことで世間も関心を示さなかったが、ワシントン・ポストの記者二人の調査とディープスロートの情報によって政権中枢に関わる大スキャンダルへと発展していった。

さらにその政権中枢が捜査妨害やもみ消しを図ったため大統領の弾劾にまで発展するに至り、ニクソン自身もこの事件への責任や関与を問われることとなる。

1974年、録音テープなどの決定的証拠により、もはや弾劾を回避できないと悟ったニクソンは大統領職を辞任することとなる。大統領が任期中に辞任したのは、歴代でも彼が最初で唯一である。

これ以降、政治的なスキャンダルや事件に対して「〇〇ゲート」といった俗称がつけられるようになった。
例・クライメートゲート・ロシアゲート・ピザゲート等

関連タグ

  • ディープスロート…これ以降内部告発を行った人物の偽名もしくは仮名として使われるようになった。元ネタは1972年公開のアメリカのポルノ映画から。長らく正体不明の人物だったが、2005年5月に当時のFBI副長官マーク・フェルトが自身であると公表して判明した。
  • ウォッチメン…作中で事件を追っていた記者二人とディープスロートが変死したため、その事実が葬られており、ニクソンが任期を全うし再選されている世界となっている。

関連記事

親記事

リチャード・ニクソン りちゃあどにくそん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました