ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※14巻のネタバレです。未読の人はいますぐ書店に走って14巻を買ってきましょう。










概要

秀知院学園文化祭、この日にかぐやとの関係性に決着をつけることを決めた白銀。
白銀から海外留学を打ち明けられたかぐやもまた、白銀に告白することを決意する。

白銀を追って時計台の頂上へと来たかぐや。二人っきりで最高のシチュエーション。けれど、ここにきて言葉に詰まってしまう。もし振られてしまったら、これまでの関係が壊れてしまったら。怖くて、涙を流すことしかできない。それを見かねた白銀は、最後の手札を切った。

キャンプファイヤーの上昇気流に乗って、時計台を無数のハートの風船が包む。なんでもできてしまうかぐやと対等であるために、白銀から跪き愛の言葉を伝えることはできない。無数のハートの風船は、言葉にできない気持ちそのものであった。

言葉にならない気持ちを見せて、白銀はかぐやに一生に一度のお願いをする。
自分と共にアメリカへ来てほしい。ずっと、かぐやと一緒にいたい。

刹那の熟考の末、それを了承するかぐや。キッスで自分の気持ちを伝え、二人は無事通じ合えた。

超絕浪漫主義!!!


ウルトラロマンティック!!!!!






その後

40s…


気持ちを伝えあって、二人は大団円……のはずであったが、勢い余ってDKをかましてしまったかぐや。このことはさらなる波紋を呼ぶのであった……。


関連タグ

かぐや様は告らせたい 四宮かぐや 白銀御行 白かぐ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラロマンティック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25929

コメント