ピクシブ百科事典

白銀御行

しろがねみゆき

白銀御行とはかぐや様は告らせたいに登場するキャラクターである
目次[非表示]

CV:古川慎

概要

本作のもう1人の主人公。秀知院学園高等部2年、生徒会会長。身体的特徴:目つきが悪い
学年一位の成績と模範的な振舞い、目つきの悪さから学院中の生徒から尊敬と畏怖を集める存在。
秀知院では少数派の外部からの入学生であり白銀自身も裕福な家庭ではなく日々バイトをして家計を助けている。生徒会長としての職務、バイト、学業などハードな日常を送っているせいか慢性的に寝不足でカフェインが切れるとすぐに寝入ってしまう。
上述の寝つきの悪さはこれが原因でありきちんと睡眠がとれるようになるとキレイな瞳に戻る
(生徒会のメンバーからは気味悪がられていたが一般の生徒からはこっちの方が親しみやすいらしい)
生徒会長として生徒会の面々や他の組織に負担をかけさせない仕事のやり方を方針としており利己のために他人を傷つける行為を許さないという信念を持つなど善良で優秀なリーダー

副会長である四宮かぐやとは周囲の生徒から噂されるような関係であり白銀も満更でもなかったが四宮がどうしても付き合ってほしいというなら付き合ってやらなくもないという上から目線の態度で受け身で居続けた結果半年間何も進展がなかった。
これにより付き合ってやってもいいから何としても相手に告らせると決意し白銀とかぐやの恋愛頭脳戦の幕が上がることになる。

性格

お人好しで努力家、そしてポンコツでちょっと女々しいところがある。
基本的に困っている人を見捨てられない性格であり手助けしようとする。
また大量のバイトをこなしているが本人が労働好きなのであまり苦ではない模様、時々他の人に熱心にバイトを勧めることもある。
一般的に秀知院の生徒からは何でもできる万能で近寄りがたい存在として扱われているが実際は弱点がものすごく多い

  • 運動のセンスがなくダンス、バレーボールなどが壊滅的に下手。特訓の手助けをした藤原にはクリーチャー呼ばわりされた。ただ運動のセンスがないだけで身体能力じたいは高いらしい
  • 音痴。それを聞いた藤原書記を恐怖のあまり泣かせたり泡を吹かせたり。こちららは藤原書記以外にも複数の犠牲者が出ている
  • 生の魚がさばけない。ヌメヌメしていて滑っていて触るのが無理らしい。こちらも藤原が必死の特訓で人格改造した結果治った・・?らしい
このように数多くのポンコツぶりを晒してはいるがそのたびに必死に努力して克服している。
そのせいか白銀のポンコツぶりを知る人間は少ないが弱点を克服するための特訓にほぼ毎回付き合わされている藤原などは最初は白銀を普通に尊敬できていたが次第にできなくなっていったらしく今では母親のような境地に達している。
また自分の目つきの悪さのせいで他の生徒達に避けられているのを内心気にしており整形したいと考えているほど。
学年一位を死守するために必死に努力しているがこれは二位のかぐやに絶対に負けないためでもあり大財閥の令嬢であり天才の四宮と対等の存在でいたいと強く思っているため
前述の弱点もかぐやにはかっこいいところを見せたいと思っているため中々見せられないでいた。

関連タグ

かぐや様は告らせたい

pixivに投稿された作品 pixivで「白銀御行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3926

コメント