ピクシブ百科事典

エオストレ

えおすとれ

エオストレ(Ēostre)とはゲルマン神話の女神である。
目次[非表示]

名前

サクソン語でオスタラ(Ostara)、ゲルマン祖語でアウストロ(Austrō)ともいう。「夜明け」「暁」を意味し、インド・ヨーロッパ語族の「輝く」を意味する語に起源を持つと考えられている。

印欧語族で紡がれた他の神話ではギリシャ神話の女神エーオースインド神話ウシャスが同語源の神名を持つ。

概要

彼女の神話上のエピソードは現存していない。

古英語での表記である「Eostre」を記録したキリスト教聖職者ベーダ・ヴェネラビリスによると、イギリスの原住民の暦にはこの女神の名を冠した月「エオストレモナト(Ēosturmōnaþ)」があり、この月に女神エオストレを称える祭りが行われたという。
この祭りは春の訪れを祝うものであり、時期的にはキリスト教でイエス・キリストの復活を祝う「イースター」(西方教会では三月末日から四月初頭のいずれかとなる移動祝日)の時期と重なる。
ベーダも「エオストレモナトは現在、『パスハ(パスカ)の月』と訳されている」と書いている。これはギリシャ語で復活祭を意味する語で、正教会などの東方教会では現在もこちらの呼称が主流である。
このため、イースターの語源がエオストレとする説が主流となっている。

しかし、この女神についての信仰が過去に存在せず、ベーダによる誤解か創作であった可能性を指摘する意見も存在する。

関連タグ

フレイア北欧神話の女神。後世に残されたイースター関連の習わしで言及されるウサギといった動物から、豊穣神として関連づける説がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「エオストレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント