ピクシブ百科事典

オオヅル

おおづる

鳥綱ツル目ツル科ツル属の鳥類の一種。
目次[非表示]

概要

鳥綱ツル目ツル科ツル属の鳥類の一種。

かつては東南アジアを中心に広く分布していたが、現在はIUCNの絶滅危惧Ⅱ類に指定されており、絶滅した亜種もいる。
全身淡灰色の羽毛で被われ、頭部から頸部上部にかけては羽毛がなく赤い皮膚が露出し、足も赤みを帯びている。頭頂は灰緑色。虹彩は赤い。

草原、湿原、河川、農耕地に生息し、雑食性だが動物食を好み、魚、甲殻類、カエル、トカゲ、バッタ、種子、果実などを餌とする。
つがいか家族群を形成して暮らす。
インドでは7~10月に塚のような巣を作って2個のを産み、雌雄交代で抱卵する。

主な亜種

  • シロエリオオヅル

インド北部からパキスタンに分布する。
全長180cm、体重13kg、翼開長280cmに達し、ツル科では最大。
日本の動物園では本亜種のみが飼育されている。

  • ヒガシオオヅル
インド北東部から東南アジアに分布する。
  • オーストラリアオオヅル
オーストラリア北部に分布する。
  • ルソンオオヅル
かつてフィリピンやマレーシアに生息していたが、現在では絶滅している。

関連タグ

 鳥類  水鳥

pixivに投稿された作品 pixivで「オオヅル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント