ピクシブ百科事典

アネハヅル

あねはづる

鳥綱ツル目ツル科の鳥類。

概要

全長95cm。
食べ物は種子昆虫等。
モンゴル高原中東インドアフリカ湿原水田草原等に生息。
モンゴルの草原地帯で繁殖したアネハヅルは、夏の終わりにはチベット高原に集まる。
群れでヒマラヤ山脈を越えて、ネパールやインドに渡る。
約7000mの高さを超えることになる。
そこは気温-30℃程、気圧や酸素の量は、地上の半分以下である。
「渡りをやってるところがもっこりしたので」長い進化の果てに、種族単位で忍者が麻の木(成長が早い)を毎日飛んでジャンプを鍛える要領で、飛ぶことになったらしい。鳥類(と多分恐竜)は、気嚢と呼ばれる「酸素取った後の空気入れる袋」がについており、それによってこの薄い空気でも特に問題なく行ける。

 ツルなので「某アニメのメカ」のごとく、に乗って飛ぶため、すぐではなく
気流が乱れてうまく飛べないのー
という状態から風を待って飛ぶことになる。なお同じようなコースで渡りを行う鳥、インドは根性で飛翔する。

pixivに投稿された作品 pixivで「アネハヅル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント