ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

銀河中心殴り込み艦隊出発より12257年後の14292年7月7日


その夜、バスターマシン1号&2号 及び その搭乗者達が 地球に帰還した


それは、彼女が見守るなか 一人の少女が守り抜いた 地球に その少女が待ちわびていた ノノリリが 帰ってきた瞬間でもあった



裏話

トップをねらえ!の企画、脚本を担っていた、実質の原作者である岡田斗司夫氏によれば、遙か昔の遙か遠い所から帰ってくる地球を救った少女達の事は時代が過ぎて曖昧になってしまって、それでも、命を賭けて戦い、遥か彼方から帰ってくる少女達に感謝をし、労いをしたい気持ちのあらわれである。しかし、一万二千年も経過している為に日本語などの文明や文化なども曖昧、または忘れられている可能性があるって事なので最後の「イ」が逆さまになっている。

実際には、制作側の照れ隠しもあるが、ストレートよりも少し外した方が心に伝わると考えた結果の演出でもある。

たしかに、本編を観ていると、岡田斗司夫氏が言うように「なんでイが逆さまなんだwwwでも泣けるやんけ!!」となる。


また、トップをねらえ!トップをねらえ2!の間の時系列の物語であるという設定のトップをねらえ!ネクストジェネレーションはラストシーンまで完結しなかったのだが、後に単行本化されており、原作者の山口宏氏は後書きで「ラストは主人公のハヤミ・マリナが『オカエリナサイ』の電光文字を作るシーンにするつもりでした。慌てて作った為に『イ』だけ反転するというオチです」と綴っている。(マリナもこの作品の最終決戦でウラシマ効果を受け、ノリコ達が帰還する直前の地球に舞い降りた為、慌てて作ることになったという。)


なお、その当時岡田斗司夫氏が構想していた裏設定は『一万二千年も人類が地球で待ってて、"帰ってきてくれてありがとう"と言ってくれる、なんて普通に考えれば有り得ない。一万二千年も経っているのだから。とっくの昔に人類は絶滅し、生き残った生物が進化し新たな知的生命体が生まれ、そして滅び、さらにまた新たな知的生命体が生まれる。それが地球で一万二千年の間何度繰り返されたかもわからない。その知的生命体達の間で受け継がれ、唯一ずっと守られてきたのが「一万二千年後に帰ってくる英雄に"おかえりなさい"と言ってあげる」という使命であった。彼らは"オカエリナサイ"という意味も知らない図形を、いつか帰ってくる恩人のために代々書き写し受け継いできたのであった。』というものであった。ということが岡田斗司夫自身のYouTubeチャンネルにて明かされている。もっともこの裏設定はトップをねらえ公式が認めた設定ではなく脚本担当の岡田斗司夫氏の脳内で構成された裏話であることに注意してほしい。


このように、オカエリナサイについての公式の見解はかなり散乱しており、並べると

  • 一万二千年経っても人類は地球を救った英雄の事を覚えていてくれた。(本編表層的設定)
  • 別に覚えておらず英雄が帰ってくる直前に来た有識者の手伝いによりオカエリナサイ電光掲示板が作成された。(外伝設定)
  • 上記2つどちらかの設定+英雄が帰ってくる直前、もう1つの地球存亡の危機があった。(トップ2設定)
  • 人類は滅んだ。しかし一万二千年の間、地球に生きた知的生命体達の間でいつか帰ってくる英雄と"オカエリナサイ"の文字が口伝されてきた。(本編裏設定)

の4つがある。



余談

はやぶさが地球へ帰還してきた際のイラストにも付けられている。

ここでも、岡田氏の考えたように、頑張ったはやぶさへの感謝と労いをしたいユーザー達のリアルな「オカエリナサイ」なのかもしれない。


トップが参戦した第3次スパロボZ天獄篇では上記の『オカエリナサイ』のシーンカットが存在するが、このときにノノ曰く「突貫工事でミスがあった」そうで、上記の後書きの設定が採用されているようである。


関連画像

センシティブな作品やっと暖かくなってきたけど、今度は花粉症でマスクが手放せないね

「探査機はやぶささん80」はやぶさ帰還〜


関連タグ

トップをねらえ! トップをねらえ2!

ウラシマ効果

おかえりなさい はやぶさ JAXA


表記ゆれ

オカエリナサト オカエリナサλ

関連記事

親記事

トップをねらえ! とっぷをねらえ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 780931

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました