ピクシブ百科事典

オデッサ戦車

おでっさせんしゃ

ウクライナのオデッサでソ連軍によって急造された戦車である。
目次[非表示]

概要

第二次大戦のオデッサ

ウクライナの黒海沿岸にあるオデッサは、ロシアの開かれた窓としてギリシャイタリアトルコといった都市への船が往来する港町として栄えた。1941年6月22日にバルバロッサ作戦が開始されオデッサはドイツ軍の南方軍集団の戦区となる。1941年8月初めにルーマニア第4軍がオデッサへの攻撃を開始し、8月10日にはルーマニア軍がオデッサを包囲した。

包囲下の中で

ルーマニア軍による包囲はされていたものの海上封鎖は完全ではなかった。しかし、戦車といった重機材の補給は不可能となってしまった。そんな中1月革命工場のP・K・ロマノフは、手元に残されたトラクターまたは路面電車に装甲及び武装を施し急造戦車として戦力化することを提案した。路面電車の案は却下されたがトラクターの案は採用されSTZ-5トラクター3輌が改造された。

トラクターの改造

改造は極めて簡単で既存の車体の上に被せるように装甲を施すような改造であった。
また、包囲下で正規の装甲板は入手できないためボイラー用鉄板で代用し小火器への対策としてゴムまたは木材を鉄板で挟む構造となっていた。前方にはラジエータ―が突出し、前方を覆う鉄板にはわずかにスリットが開けられ空気の取り入れ口を確保した。
そして、車体のほぼ中央部に旋回砲塔が申し訳程度につけられた。

意外な評価

急ごしらえで作られた本車であるが、ルーマニア歩兵には予想以上の戦果を上げている。
本車が夜間に前線の陽動のために動き回りその見慣れないシルエットで敵を疑心暗鬼させてのが効果的だったようだ。本車は現地軍には有効と判断され68輌が製造された。最終的には本車は、NI戦車と呼ばれることとなる。

オデッサ陥落

オデッサ包囲の激戦の中でも多くのオデッサ戦車が生き残ったオデッサ陥落後の1942年11月のルーマニア軍のソ連稼働車輛リストにはオデッサ戦車14輌が記載されている。尚、このオデッサ戦車をルーマニア軍がどのように扱ったかは不明である。

pixivに投稿された作品 pixivで「オデッサ戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110

コメント