ピクシブ百科事典

オニ

おに

鬼のカナ表記。この項目では女神転生シリーズに登場するオニについて紹介する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. のカナ表記。キャラクターとしての鬼に用いられることが多い。
  2. 女神転生シリーズ』に登場する悪魔の一種。※この項で解説

女神転生シリーズのオニ

初出はファミコンの『女神転生』で種族は”邪鬼”。『女神転生Ⅱ』では種族が”妖鬼”となり赤鬼姿で登場した。

真・女神転生』では妖鬼、闘鬼、鬼神、邪鬼の種族にイメージが分散され、シュテンドウジイバラキドウジのネームドとして登場していた。

有象無象のオニは久々に『真・女神転生Ⅲ』で新規デザインで登場。前頭部に二本、頭頂部に一本の計三本の角が生えた赤肌姿で、金属製でシャープなデザインの金棒を持っている。

D2絵ログ


金子一馬氏によると、鬼とは時代ごとのパンクな人々ではないのかという解釈でデザインされた。(余談だがⅢ発売当時、似た髪型の某芸人は、ある占い師にその髪型は鬼の角だから切ったほうがいいと助言を受けている)

Ⅲの劇中では比較的序盤から登場する。力を絶対視するマントラ軍の主要戦力として登場しており、数はかなり多い。
Ⅲのノベル版では黒いオニの「タタラ」という個体が登場。主人公のカミシロと共に行動する相棒でありマントラ軍崩壊後も生き残りカミシロと共にマネカタの勢力の一員となる。

それ以降の作品でも比較的序盤から登場する妖鬼として登場し、見た目通り物理技を覚えるアタッカーである。

Ⅲはそれ以外にも『太平記』に登場するオンギョウキスイキキンキフウキというネームドが登場し、それぞれを象徴する意匠の頭部を持つが体格はオニと大差ない。

妖鬼 隠形鬼
子鬼のトリオ



ラストバイブル2』ではマゴク王国の秘術で魔獣を素体に造られた、悲しき人造悪魔がオニと呼ばれ、王であるラオウを中心に決起し反乱を起こす。

ペルソナ5』では銀行を模した3つ目のパレスで、剛毅のシャドウ「遊侠の獄卒」として登場しており、本来の名を思い出しペルソナになるとオニになる。

なおシリーズで戦闘時の悪魔の状態を表すアイコンを「オニマーク」という。

関連タグ

 女神転生 仲魔 ペルソナ

pixivに投稿された作品 pixivで「オニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18500

コメント