ピクシブ百科事典

オランダ獅子頭

おらんだししがしら

金魚の品種のひとつ。琉金の突然変異で頭の肉瑠が特徴。
目次[非表示]

概要

部に肉瘤が発達した琉金の突然変異個体を固定化した品種。今日では愛好家も多く金魚の品種の中ではかなりメジャーな品種である。歴史は意外と古く江戸時代の寛政年間に中国から琉球を経て、長崎に渡来した。当時日本は鎖国状態。珍しい渡来物を「オランダ物」と呼び珍重されていたことと、頭の発達した肉瘤がお獅子の頭を彷彿とさせたことから、「オランダ獅子頭」と命名されたとされる。

体形的には琉金の形だが琉金よりもヒレも長く、頭部や口先も丸み帯び重量感を持つ固体が多い。最大の特徴は肉瘤と伸長した開き尾を持つことが特徴。褪色は更紗が基本。実は二つの系統があり日本で古くから親しまれてきた比較的長い体型を持つ系統(長手)と、近年になって中国から輸入されるようになった短い体型の系統(丸手)の二つの系統が存在する。丸手の中国産のほうは長手に比べ肉瑠の発達が早く、逆に長手の国産のほうは丸手に比べ腰がどっしりとしてくる。現在では丸手の獅子頭のほうが市場には多く流通している。

特定の血統じゃないものは入手に容易。比較的どこでもお見えにかかることができる。お値段も手ごろ。
ただし国産の長手のいい血筋のものは入手も難しいし高価な傾向。
手を入れただけ大きく、肉瑠も立派になり飼い甲斐のある品種でオランダ一本の愛好家も多い。間口は広いが極めようとすると非常に奥が深い品種いと言えるのでは。

派生種はとんでもなく巨大になるジャンボオランダやキャリコ出目金との配合で作出された東錦など。
ちなみに固体よってはとんでもなく大きくなるのもあるのがオランダ系品種。ジャンボオランダだと40cm超えはザラだそうで・・・。


飼育方法

各種文献のセオリー通りで基本的にOKですが飼育環境に合った数を飼育しないと・・・とにかくオランダ系品種は縦にも横にも上にも大きくなることを忘れずに。調子乗って当歳魚が小さいからといってたくさん飼うと絶対数年後後悔することになりますのでw、「これ!」といった数匹を丁寧にお勧め。

ちなみに60cm水槽でオランダ3匹でキツキツというのを結構見かけますが、飼ってる人もたぶんこんなにデカくなると思ってなかったんだろうなとw。

関連タグ

表記揺れ:きんぎょ キンギョ
淡水魚 フナ goldfish
金魚鉢 金魚すくい 金魚図鑑 東錦

pixivに投稿された作品 pixivで「オランダ獅子頭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14185

コメント