ピクシブ百科事典

カデット

かでっと

カデットとは、ドイツ語で士官候補生という意味。転じて、ドイツの自動車メーカーであるアダム・オペルが製造・販売を行っていた自動車の名称のひとつ。

概要

1936年に初代が登場した。この車が誕生した裏には、あのドイツ国民車構想があった。
だが、アダム・オペルがアメリカ資本だったばっかりに、工場を当時のドイツ政府に召し上げられてしまった。結果、1940年に製造・販売を打ち切るハメになってしまう。
さらに生産設備や設計図をストックした結果、第二次世界大戦終戦後、それらをソビエト連邦に分捕られてしまった。アダム・オペル踏んだり蹴ったり。
ちなみに、初代カデットにまつわる一切を分捕ったソビエト連邦は、これを元にモスクヴィッチ400なる自動車を「開発」、1946年から1955年まで製造・販売を行っている。

1962年、アダム・オペルは「西」ドイツの経済復興などを鑑み、22年ぶりにコンパクトカーの開発を行った。そして、これに「カデット」という名前を付けた。
元々は2ドアセダンのみの設定だったが、後に3ドアステーションワゴンやクーペも追加された。
だが、リアドアを追加するには難しいデザインなどだったが故に、人気車であったにもかかわらず、わずか3年で製造・販売打ち切りを余儀なくされてしまった。

1965年に3代目に移行。こちらは1973年まで製造・販売が行われている。
元々は2ドア・4ドアのセダン2種(そもそも4ドアセダンを作るためのモデルチェンジだった)、2ドアクーペ、3ドアステーションワゴンの4車種が設定されていたのだが、なぜかファストバックセダン2種(2ドア・4ドア)に、既存のクーペとはリアデザインが異なるクーペまで追加されてしまった・・・・・・・そんなにバリエーション増やしてどうするんだ?

1973年に登場した4代目は、GMの世界戦略車・Tカーの元ネタになった。そこから生まれたのが、いすゞベレットジェミニである。
発足当初のWRC世界ラリー選手権で大暴れした車でもあった。

1979年に5代目にスイッチ。駆動形式がFR(フロントエンジンリアドライブ)からFF(フロントエンジンフロントドライブ)に変更となった。むろんフォルクスワーゲンゴルフ を意識した物である。
ただし、日本市場はFFがまだ主流ではなかったため、いすゞは(ベレットジェミニ改め)ジェミニを引き続き製造・販売を行った(ただし顔面整形手術を施してはいる)。

1984年に6代目が登場。これまで(復活版である2代目以降)の直線基調から一転、丸みをおびたデザインに変更された。これによって空気抵抗こそ減った一方、窓が小さめになってしまい、「せせこましいなあ」という印象をユーザーに与えてしまう。

1992年に登場したアストラに追われる格好で製造・販売を終了、その歴史に幕を閉じた。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「カデット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521

コメント