ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ナギツジ・タクマガンダムブレイカーバトローグで使用する機体。


ダブルオークアンタコマンドガンダムの要素を加えてカスタマイズされたもの。

追加装甲による防御力の向上だけでなく、遠近両用に対応した数多くの新武装により全局面での戦闘が可能となっている。

実体兵器にこだわり、バックパックに大型センサーとサブエネルギータンクを増設するなど、単独での継戦能力を特に重視した設計が行われている。使用済みの兵装はパージしていく事で機動力を増していき、最終的にはコンバットナイフのみでも作戦を完遂するバトルスタイルを取る。

一見すると遠距離向けと思いきや、上記で言うように複数の斬擊系の武装も備え、タクマの技量もあって近接戦闘も難なくこなし、実弾だけでなくビーム兵器も装備しており、総じてバランス重視の機体として製作されている。

運動性も高く、突っ込んできた相手を踏み越えて体勢を崩したところで反撃などは朝飯前である。

第一話及び最終回では「覚醒」をも使用し、マハラを追い詰めた。


原型機と比較すると強大な攻撃力や防御フィールドにトランザム等の特殊な機能を無くし、対応レンジと攻撃の多様性を広げたカスタマイズがされている。


武装

  • ヘビーマシンガン

本機のメインウェポンとなる重機関砲。優れた制圧能力を発揮する他、銃身下部には近接戦闘用のブレードが装備されている。

  • アームズシールド

左腕に装備する防御兵装。ダブルオークアンタのGNシールドを改造した装備。裏側に大口径のビームキャノン砲が組み込まれている他、両端にはコンバットナイフを収納している。

  • コンバットナイフ

アームズシールドに収められた二振りのナイフ。全ての装備をパージしていき、軽装状態となった本機が手にする最後の牙である。

  • ビームキャノン

シールド裏側に1門搭載されているビーム砲。この機体に唯一搭載されているビーム系の武装で、ライフルのように単発及び連射が可能なビーム射撃と大出力で放つビーム砲撃の2つに切り替えられる。

  • コマンドソード

バックパックにマウントされた大型の実体剣。刀剣としての斬撃だけでなく、鉈のような切削にも使用出来る。

  • ミサイルランチャー

左肩上部に装備された4連装のミサイルランチャー。バックパックの大型センサーユニットと連動し、高い命中精度を誇る。


必殺技

クアンタムフォース“タイプアサルト”

全身から紅く燃える炎のようなオーラを発し、高速で移動しながら蹴りや全弾射撃にコンバットナイフによる斬撃を浴びせ、最後にコマンドソードで対象を刺し貫く、全ての遠近武装を駆使した必殺技。


ガンダムビルドメタバース

第1話でメイジン作のアメイジングガンダムバルバトスルプスの隣にデザートカラーverのコマンドクアンタが展示されていた。

第3話ではロータスカップの会場観客席にてパイロットであるタクマがいた為、第1話で展示されていたのはタクマの機体である可能性がある。


余談

原典でのクアンタは対話のために作られた機体だったが、こちらは最初から戦うための機体という、真逆のコンセプトとなっている(ちなみにフルセイバーは「もしもELSと対話出来なかったら」という点で想定されたものである為、「最初から戦う為の機体」とは言いにくい)。


上記の通り見た目は遠距離実弾系で近接戦闘もこなし機動性も高いという万能機ではあるが、そもそも本作の原作の一つであるガンダムブレイカー3では実際にこのような遠近両用の万能機を容易に組むことができる。

劇中ではタクマの実力と相まって他のプレイヤー及び機体とは一線を画す力を発揮するが、単純な機体性能ではマハラのガンダムバルバタウロスには劣る事がタクマ本人から語られている。


ビルドメタバース本編で展示されていたデザートカラーは監修の大張氏のアイデアであり、他にも都市迷彩カラーや特殊部隊カラー等の候補があったとの事。


ガンプラ

1/144スケールでHGで発売された。本編での圧倒的すぎる強さと機体デザインとアレンジの妙から人気があり、日本全国で入手困難な状況が続いている。

『ビルドメタバース』に登場したデザートカラーも7月発売予定。


関連タグ

ガンダムブレイカーバトローグ

ナギツジ・タクマ

ダブルオークアンタ コマンドガンダム

関連記事

親記事

ナギツジ・タクマ なぎつじたくま

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25630

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました