ピクシブ百科事典

クアドリガ

くあどりが

ゴッドイーターに登場するアラガミの一種。大型
目次[非表示]

概要

由来:4頭の馬に引かせたローマ帝国時代の車またはチャリオット戦車) クワドリガとも
骸骨のような人間の上半身に戦車のようなキャタピラをした脚を持ち、ミサイルポッドを装備している大型アラガミ。戦艦や戦車といった人類が作った兵器を大量に捕食したオラクル細胞によって生まれたと考えられている。胴体の鬼の形相の仮面のような部分は胴体を守る前面装甲であり、人間のような部分は放熱機関である。大型ミサイルを吐き出す時かダウンした場合に前面装甲を開く。その中身は肉々しく中に三つの大型ミサイルを格納している。生物的だがどこか機械的な声をあげて攻撃を行う。
 捕食した金属を用いてミサイルを体内で生産し、背中のミサイルポッドや前述した前面装甲を開いて発射する。ミサイルポッドから放たれるものは威力の代わりに数を確保し、懐に入った敵へのけん制や集中攻撃に利用される。大型ミサイルは大きな隙を作るが、一度放てば前面にいる神機使いめがけて一直線に向かって来、高い威力を持つ。また、あの巨体からは想像できない脚力でジャンプしたり、体内の熱を排出することで死角にいる敵への攻撃も可能。怒るとミサイルを飛ばしながらの突進を行うようになる。横にステップ回避してもミサイルの餌食になることもあるため、回避の際は注意を。では聴覚が進化し、アウトレンジからミサイルを垂直発射させて対象の真上にミサイルシャワーを浴びせる面倒な力を備えた。
 基本的に極低温と神属性に弱く、だいたい破砕武器に弱い。
また上半身やミサイルポッドは貫通属性に弱いという特徴があり、ショートブレードでの空中戦や銃撃でも効率的にダメージが与えられる。
 寒冷地に適応した堕天種も存在。氷結能力を備え、今度は高熱に弱くなっている。また、排熱機関の破壊が出来ず、代わりに後ろ足が破壊可能となる。後ろ足のみ切断が効く。

接触禁忌種「テスカトリポカ

テスカトリポカ


クアドリガ第二種接触禁忌種。金属的な基本種と異なり、アステカ装飾された体色と岩石的な前面装甲に冠、骸骨の様な上半身は筋骨隆々の男に進化した。更に鳴き声に「ギーギギー」というザラザラした鳴き声が増えている。少し暴れるだけで周辺が焦土と化す圧倒的火力を持つとされ、その設定に恥じない異常な攻撃力を誇る。ミサイル攻撃は直撃するとリーク状態になり、オラクルがボタボタ漏れ出していく。怒り活性化するとミサイルを相手の頭上にぶち落とすという空間転移能力を発揮するため、どこにいても危険。弱点は神属性。上半身が貫通に、下半身が破砕に弱い面も変わらず。

これの色違いで、更に凶悪な第一接触禁忌種と呼ばれるポセイドンという個体もバーストにて存在。素材からコラボ衣装を作る事が出来た。2では降板。極東支部に絶滅させられたか。

関連タグ

ゴッドイーター アラガミ 戦車 生体兵器 ミサイル

pixivに投稿された作品 pixivで「クアドリガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45772

コメント