ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ブルークリスタルロッドの精霊で、ロッドの光から誕生したドラゴン。本来は善良なドラゴンだったが、ドルアーガによって操られ、ギルの敵となってしまった。

ギルがドルアーガを倒したことにより、呪縛から解放された。

名前の由来は「オズの魔法使い」シリーズ「オズのチクタク」に登場する同名の竜から。


登場作品

ドルアーガの塔

初登場作品、壁を壊しながら移動し、炎を吐く。

フロア15にて初めて出現するが、この時の装備ではダメージを与えられないため、倒すことは出来ない。

フロア14でドラゴンポットを手に入れていれば倒せるが…

なお、ファミコン版では、初期装備でも倒すことが可能。


イシターの復活

ルーム77「DRAGON'S LAIR」で横になって寝ている。

扉の鍵を持っており、敵ではないが、そのまま触れると何故かミスになってしまう。

Sleepを使うか、クオックスの頭の近くでBlue Crystal Rodを使えば、カイのみ触れてもミスにならない。


カイの冒険

ドルアーガの塔の前日談であり、この時はまだ操られていない。

ワープアイテムを取ると現れ、秘密の通路でワープさせてくれる。但し、スペシャルステージではシルバードラゴン、ブラックドラゴンになっており、下のフロアへ落とされてしまう。


『すごろくアドベンチャードルアーガの塔』

フロア50のボスとして登場。

口から吐く炎、足踏みによる落石、尻尾で攻撃する。

倒すと正気に戻る演出があるが、「カイの冒険」とは口調が異なる。


『攻めCOMダンジョンドルルルアーガ』

廃墟となったドルアーガの塔に住んでいる。

本編「ドルアーガの塔」から100年後の舞台であり、「カイの冒険」とは違い、大人口調になっている。

スペルカードとしても登場しており、手に入れれば使用することが可能。

クオックスが味方として戦ってくれる初めての作品でもある。


『ドルアーガオンライン THE STORY OF AON』

ドルアーガの魔塔にいたものとは別個体が登場。神々の眷属として遥か昔からオーンの地を見守り、オーンのあらゆる歴史と智慧を知る存在。だが、その英知を利用しようとしたドルアーガの呪縛を受け正気を失い、英雄たちと一時は敵対する。正気を取り戻した後は、基本的に隠居の姿勢は崩さないものの、英雄たちに魔軍討伐の手掛かりを教えたり、力を示したなら重要なアイテムを渡すなど、力になってくれる。加えて、オーンの子供の祈りに応えて味方として加勢してくれることも。

攻撃手段は口から吐くの弾、上半身を持ち上げての踏みつけ尻尾による攻撃、岩石落とし、突進攻撃など。


ゲ-ムブックドルアーガの塔『悪魔に魅せられし者』

15階に登場しており、前述の設定故か倒しても何度でも蘇るという驚異の属性を持つ。

その故、双方向型ゲームブックである本作は他の敵では規定経験値に達すれば出現しないように設定されているがクオックスにはその規定が設けられておらず出現項目に入れば何度でも経験値を稼げる無限アップができるため、過去には論争を繰り広げたこともあった。

尚、同様に制限規定が設けられていない箇所はホワイトナイトの出現項目にも設定されており、著者である鈴木直人氏の弁によると「経験値の制限は簡単だが、敢えて数か所ではずしてあること」と語っており、不正をさせないシステムにのみこだわることは、読者への愚弄であると論している。


TVアニメ

第1期の表1話に登場。

ジルの夢の中に登場したが、ゲームとは異なり、完全な敵となっており、本来の設定が無視されてしまっている。


その他の出演

『ナムコミュージアムVOL.4』

イシターの復活のゲームルームに登場。

デザインが異なり、若干細め。

ゲームルームに入ってから、しばらく待っていると景色が変わっていき、夜が明けてから少し経つと、石像の指差す方向に現れ、翼を広げて飛び立つ姿を見ることが出来る。

また、飛び立った後に、ゲームルーム内に大きな変化が起こる。

コマンド入力でプレイ出来る「裏イシターの復活」のゲームルームでは、クオックスと対面するギルとカイが見られる。


ミスタードリラードリルランド』『ミスタードリラーアンコール』

ゲームモードの一つ「ドルアーガの穴」に、クオックスがボス部屋のカギを守る敵・中ボスとして登場する。

脚は鎖で繋がれており移動することはできないが、ブロックをランダムで壊す、ホワイトブロックを降らせるなどの攻撃を仕掛けてくる。


『ドラゴンクロニクル』

希少種の一体として登場。


『マリオカートアーケードグランプリDX』

「ナムコサーキット」にあるドルアーガの塔エリアの入り口が、クオックスの顔になっており、トンネル内にはドット絵のクオックスを始め、ギルやナイトたちもいる。


エースコンバットシリーズ』

インフィニティでは機体に貼り付ける事ができるエンブレムとしてドット絵仕様が入手可能。

6では部隊名として、イカロス・イン・ザ・スカイ及びインフィニティではQ-X(クォックス)及びMQ-90 Quox、MQ-90L Quox bisの名前の元ネタとして登場。


余談

ナムコワンダーエッグ(1992年~2000年末に営業していたテーマパーク)のドルアーガの塔のアトラクションにあった塔の上にいたドラゴンは、クオックスではなく、ワンダーエッグのマスコットでもあるピラリス(アゴン)であり、それ以前に開催された大阪花博のドラゴンも、オリジナルデザインである。


検索時の注意

「クオックス」だけで検索するとブラックオックスがヒットするので、完全一致検索か、「ドルアーガの塔」等の関連ワードを入れよう。


別名・表記ゆれ

クォックス

実は公式(ゲーム内や当時の雑誌等)でもこちらで表記されることがある


関連タグ

ドルアーガの塔


この記事のカテゴリ

ドルアーガの塔 ナムコ イシターの復活 カイの冒険 ドラゴン

関連記事

親記事

ドルアーガの塔 どるあーがのとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56659

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました