ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

宮沢賢治童話やまなし』に登場する謎の存在。
「かぷかぷ笑った」、「殺された」と語られるが、その正体は不明。

正体はなんなのか?

正体については諸説あり、作中の描写から考察の対象となっている。
国語のテストではこれの正体を記入するという設問が登場する事が多い為、やたら記憶に残っていたという人は多いのではないのだろうか?

  • 「泡」説
    • 「かぷかぷ笑った」が物が水に浮かぶ様子を表す「ぷかぷか」に由来するという考察から。
    • 「死んだ」という表現は泡が割れた事の比喩ではないかとする解釈である。
  • 「蟹」説
    • クラムボンと蟹を意味する英語「クラブ」が似通っている為、また、蟹は泡を吹きだす生態がある為、泡説とも結びつく。
    • さらに「殺された」と表現されている為、上記の説から発展してなんらかの要因で死んだ「母蟹」とする説もある。
  • 「光」説
  • 「トビケラの幼虫」説
    • 上記の泡と結びつけた説。
    • トビケラとは水生昆虫の一つで変態の際には水上に浮かび上がり、翅が乾いて変態し終わると水上から飛び立つ。ここでいう「泡」とはトビケラの蛹ではないかとする考え方。



関連タグ

宮沢賢治 やまなし
造語

関連記事

親記事

やまなし やまなし

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クラムボン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クラムボン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました