ピクシブ百科事典

サナカン

さなかん

SF漫画「BLAME!」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

女性型の上位セーフガード(レベル6)。

概要

CV早見沙織

容姿は黒髪に下がった眉の困り顔が基本形の女性で、初登場時はなんと髪無し、人間の少女同様の姿に変身、シボに体を乗っ取られ、髪型と体型を弄られるなど、様々な姿に形態変化している。
戦闘時には黒いスーツと翼、巨大な砲身を右腕に備えた異形の姿となる。
上位セーフガードとして高い戦闘能力と様々な特殊能力を持つ。

人物

東亜重工周辺に住む電基漁師達の集落の襲撃、及び東亜重工の破壊を目的として霧亥やシボ達の前に現れる。その後、作中で幾度も彼らと対峙することとなる。

人間的な感情はあまり見せないが、相手の戦力が低いと確認するや酷薄な笑みを浮かべるなど、
駆除系とは違ってある程度の情緒を持ち合わせている様子。
また、霧亥のことを異常を起こしたセーフガードと認識し、執着を見せる。

東亜重工編完結後はしばらく出番がなかったが、作品終盤で統治局の代理構成体として再登場。
こちらはトレンチコート状の上着を羽織った人間同様の姿をしており、長大な拳銃型の重力子放射線射出装置を持つ。
また所属がセーフガードでないためか人間らしい会話やコミュニケーションが取れるようになっている。レベル9を確保・護衛することを任務としており、彼女自身、これに対して任務以上の熱意を見せている。

能力

主武装は右腕に備えられた大型の重力子放射線射出装置
威力などは霧亥のものと差異は見られないが、無反動タイプなのか使い手がセーフガードの体だからなのか、反動を問題とせずに連射することができる。もちろん禁圧解除状態の射出も可能。
ただし、霧亥が持つ拳銃型とは違い、破損や解体によって一時的に無力化される描写がある。
劇場版では彼女視点で『無反動重力子放射線射出装置』と表示されている。

その他にも、彼女の体には多彩な機能が搭載されている。
左手は重力子放射線射出装置の直撃すら無効化する防御兵器であり、命中した生命体をセーフガードに変成させる(或いはセーフガードユニットの機能を回復する)微小構成体を撃つ事も可能。
背中に翼を形成することも可能で、自由に、かつ高速で飛び回ることもできる。
自在に三次元機動をしながら射出装置を連発してくると考えれば、彼女がどれだけ恐ろしい存在か分かるだろう。

スリムな外見に反して巨大な瓦礫をブン投げる怪力も有しており、投げや蹴り、張り手で霧亥を軽々と吹っ飛ばして踏みつけるなど、接近戦でも駆除系を遥かに上回る強さを誇る。

また、彼女はネットスフィアの電脳空間から基底現実へ、周囲の物質を変質させて出現している存在である。つまり、例えユニットを破壊されてもデータが失われていない限りは、周りの物質を取り込んで再生することが可能なのである。
また姿を偽装し自身を人間に見せかけ対象に接近することもできる。

ただ弱点として、あくまでサナカンはセーフガードの一構成員であるということが挙げられる。彼女をバックアップしている電脳空間側で何かしらの異常事態が発生したり、より上位の存在から干渉されれば、基底現実にいる彼女にも大きな影響が出るのである。

ブラム学園!

こちらでは学園の教師として登場する。
授業中に居眠りこいてた霧亥や校内で女子着衣分解光発生装置を起動した不埒者に対して、
容赦無く重力子放射線射出装置をぶっ放す危ない先生(ヨシオ先生も苦言を呈している)。
造換塔本体に萌エ属性転写板を差して起動すると服がゴスロリ仕様になる。

関連タグ

弐瓶勉 SF BLAME!
セーフガード 珪素生物 メカ サイボーグ クリーチャー
霧亥 シボ

pixivに投稿された作品 pixivで「サナカン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 771485

コメント