ピクシブ百科事典

シュゴーラン

しゅごーらん

クトゥルフ神話に登場する外なる神・ナイアルラトホテップの化身の1つである。

概要
 シュグオランとも呼ばれる、ナイアルラトホテップの化身の1つ。
 外観は角笛を持つ黒い男とされる他に、ナマズに似た黒くざらついた肌に翼めいた小さなヒレ、水掻きのある足、長い口吻をしたクリーチャーとも言われる。
 身も蓋もないものでは、チャウグナー・フォーンと殆ど変わらない怪物とも言われる。

特徴
 自らと瓜二つで小さい使い魔を生成する事が出来る。
 この能力によってか、本体と使い魔ともにシュゴーランと呼ばれている。
 前述の口吻を被害者の口と鼻を塞ぐ事で、対象の血液を貪ると言われ、前述のものを加え、チャウグナー・フォーンと似通っている。

余談

 現在の関連書籍では、この表記が多くなりつつある。

関連タグ
クトゥルフ神話
ナイアルラトホテップ
チャウグナー・フォーン
ココペリ(北米伝承) 同じく笛を所持する化身。

関連記事

親記事

ナイアルラトホテップ ないあるらとほてっぷ

兄弟記事

コメント