ピクシブ百科事典

シ・ルン・ティア

しるんてぃあ

シ・ルン・ティアとはMMORPG「ファイナルファンタジー14」に登場する反抗期のオッサンNPCである。 共闘時の名称は「真紅のシ・ルン・ティア」
目次[非表示]

「結局、故郷は守れず……霊災を止めることもできなかった。
それでも、弱き者のために剣を振るい、滅びに抗う力になるという、
『紅の疾風』の仲間との、誓いを忘れたことはない。
…とまあ、いまだに反抗期を続けてるオッサンが教える魔法だ。」

プロフィール

性別男性
種族ミコッテ(サンシーカー)
年齢42歳


人物

尻尾


ファイナルファンタジー14」Ver4.0拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」より実装された赤魔道士クエストのNPC。
真紅の二つ名の如き華麗な紅い装束に身を包み、細剣を手にした壮年のミコッテ男性
とある誘拐未遂事件をきっかけに主人公(プレイヤー)と知り合い師弟関係を結び、自らが使う赤魔法と魔法剣を伝授する。
師としての教え方は「習うより慣れろ」型。
「ま、徐々に慣れていけばいいさ!」
気さくな性格で多くの組織に協力者を持つほど信頼感のある男だが、強面の面構えのせいか、初対面の人に怯えられることもしばしば。
(主人公曰く「やさしいお兄さん」or「怖いおじさん」)
口癖は「…おーい」

経歴

「アラミゴ解放軍」の前身組織「アラミゴ革命軍」における赤魔道士部隊「紅の疾風」
シ・ルンたちは暴君である王に「抗う力」として古の赤魔法を復活。
結果は「紅の疾風」を含めた革命軍の勝利に終わるも、今度は王なきアラミゴにガレマール帝国が侵攻してきた。
新たな脅威に抗う「紅の疾風」であったが、騒乱のさなかある一人の隊員の裏切りにより組織は壊滅。
唯一偵察に出ていたシ・ルンのみが生き残る結果となった。

以降20年間、シ・ルンは敗残者として故郷であるギラバニアを旅立ち、目の前にいる一握りの人々を救ったり、「抗う力」である赤魔法と魔法剣を素質のある者たちに伝授させる旅をしている。

赤魔道士クエスト内において、主人公の他にもう一人妹弟子としてアリアというヒューランの女性が加わる。
(メインシナリオの進行によってはメインキャラのアリゼーが主人公の姉弟子となる)

余談

あかま~


猫のような種族のミコッテだけにシ・ルンにも漏れなく猫のような耳と尻尾があるが、耳は帽子を目深に被っているために見ることができない。
公式で帽子を取った彼を拝めたのは現状バレンタインデーの返礼となった公式ブログの中だけである。
その代わり、ふわふわの尻尾はいつでも拝むことができる。

彼の纏う装束であり、赤魔道士のアーティファクト装備となる「デュエルアタイア」は「紅の疾風」の隊服である。
また駆け出しの赤魔道士にシ・ルンが渡す「レッドアタイア」はウルダハの裁縫師ギルドマスターへデザインを依頼した特注品である。

別名・表記ゆれ

シ・ルン x'rhun

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 ゲーム
ファイナルファンタジー14 FF14 赤魔道士
同期:紫炎のランバード

pixivに投稿された作品 pixivで「シ・ルン・ティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5090

コメント