ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:花江夏樹

シナリオイベント『星の獣のレゾナンス』の登場キャラクター。
メドゥーサの姉2人の行方を捜す星トモ一行の前に突如現れ、捜索の協力を申し出た星晶獣の少年。
詳しい能力は不明だが、バアルにも場所がわからなかったステンノのコアを一瞬で掘り出すなど、感知能力に特化しているようだ。

青髪青眼の少年のような見た目。その髪は背中まで伸ばされており、後に合流したビィには「ロン毛」というアダ名をつけられた。

タグに関して

「ジオ グラブル」で検索してもジオラがヒットしてしまう為、こちらの人物に関しては面倒でも「ジオ(グラブル)」タグを使う事を推奨する。

関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 星晶獣 星の獣のレゾナンス

ネタバレ

イベントストーリーのネタバレ注意





















  • 正体
その正体は、空の民に蹂躙された星晶獣達の怨嗟の思念によって顕現した存在
空の民の思念によって顕現したジ・オーダー・グランデと同質の存在であるが、有り様は真逆。
その信念は全ての星晶獣を自らの中に取り込み、自らに害をなすであろう空の民を滅し、世界と同一化するという歪なモノ。
そのため空の民=敵である主人公に対し、声を荒げ嫌悪感を露わにした。
また、多くの星晶獣のコアを取り込んでいる為、丁寧に話したかと思えば荒っぽくなるなど、会話中でも口調がコロコロと変わる。

島に降り立ったのも、姉を探すメドゥーサ達に近づいたのも、全ては休眠状態である星晶獣を取り込む為である。
計画が露呈した際には、眠っていた星晶獣を無理矢理支配下に置き、戦闘で消耗した際にはコアを直接弄り強制的に復活させるなど、側から見たら非人道的な行動が目立つ。
彼曰くゴルゴーン3姉妹は「レア」らしく、3人を取り込もうとメドゥーサに対し、せっかく見つけた姉2人を目の前で吸収するなど、執拗に精神攻撃を仕掛けた。
…が、メドゥーサが立ち直り、バアルとの強い共鳴や主人公の捨て身の護衛により姉達の意識が覚醒
彼女達が内側から抑えたことで体勢を崩し、完全に形勢が逆転してしまう。挙句の果てに2人のコアはバアルによってサルベージされてしまった。
すっかり満身創痍となったが、何者かの存在を察知し脱兎のごとく逃走。入れ違いでその場に現れたのは……。

  • 調停

グラブルメンテ中の、ジオ君。


古戦場での戦いを憂いて顕現したが、主人公や星トモたちの活躍により逃走を余儀なくされたジオくん。しかし、彼の執念は強大だった。
当イベント後最初の開催となる2019年5月19日からの「決戦!星の古戦場」では鯖落ちが発生し、イベント参加どころかゲームへのアクセス自体が不可能となったのである。

原因は直近のアップデートによるフレンド召喚石の仕様変更とされており、(規約で禁止されている)加速ツールが結果的にこの仕様と噛み合ってしまった説がある。
現在は変更前の状態に戻されている。また、バトル演出軽量版が廃止された影響を疑う声もある。

タイミングもジオ初登場後ということもあり、彼が古戦場の開催を阻止したと一部の騎空士は彼を称えて快哉を叫び、その結果『ジオくん』がツイッタートレンドに入る結果になった。オマエノシワザダタノカ

その後は特に大きな不具合は発生していないが、そうした事態が発生する事があれば、彼は必ず戻ってくるのかもしれない。

そんな彼の執念が2年ぶりに蘇ったのか、2021年9月の古戦場では予選期間である8日に鯖落ちが発生して古戦場のページに入れなくなり、翌日9日の8:00に緊急メンテ、更に16:00にサーバー交換のための緊急メンテを行い、予選期間が9日~10日に変更される(インターバルはなし)という前代未聞の事態となった。

こちらも原因は直近のアップデートにおける召喚石のクイック召喚絡みと見られている。

因果の匂い、果ての空に出演できなかった恨みも含めたジオの執念、予断を許さない所である。

関連記事

親記事

星の獣のレゾナンス ほしのけもののれぞなんす

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジオ(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7675

コメント