ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スザンナ・ランドール

すざんならんどーる

スザンナ・ランドールとは、小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の登場人物。
目次 [非表示]

概要

剣と魔法の国「ソルシエ王国」のランドール侯爵家の次女で、スティアート王家の第一王子ジェフリー・スティアートの婚約者。


文庫版では第3巻から登場する。文庫版第1巻〜第2巻に相当するWEB版では一切登場しない


プロフィール

出演作品乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
性別女性
誕生日
出身地ソルシエ王国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
CV上坂すみれ


人物像

魔法の才能に秀で国一番の秀才とすら呼ばれる才媛で、セリーナ・バーグにも「大天才の超才媛」と評されコンプレックスを抱かれている。人々を惹きつけるカタリナ・クラエス深々なる興味を持っている。


なお、婚約者であるジェフリーのことは「まごうことなき変態」と評している。

とはいえ魔法研究しか興味がなく王妃になるつもりがないスザンナと、弟たちのことしか興味がなく王になるつもりがないジェフリーは互いに気が合い、結婚を催促されずに済んでいるのはジェフリーのおかげだと内心では感謝している。またジェフリーからの依頼を内密に受けて事件を解決する事も多く、互いに良きパートナーである。

彼女に関する誤字


小説11巻のネタバレを含みます。






小説11巻page234〜よりスザンナの視点で彼女の過去について語る部分があるのだが、

ここでの彼女の父親の表記がなぜかバーグ侯爵になっている。

この件は誤植であると出版元の一迅社から発表があった。

実際、バーグというのはイアン・スティアートの婚約者であるセリーナの姓であるうえ、セリーナの父親はバーグ「公爵」である。さらに、ウェブ版小説ではスザンナの父親を指して「ランドール侯爵」と記されている。

これから11巻を読む場合は、理解に苦しまないよう誤植である事を踏まえて読むことをお勧めする。


関連タグ

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

ジェフリー・スティアート(婚約者)






















以下、ネタバレ注意






















実は、魔法省の上級職員ラーナ・スミスの正体である。自身の姿を変化させる変装魔法を得意とし、あらゆる姿で様々な場所に忍び込み情報を収集・敵対勢力を撹乱させる隠密行動や、自身の部署のスポンサーの要望に沿ったマジックアイテムの開発などを行っている。


スザンナはランドール侯爵の正妻の子であるが、父親であるランドール侯爵は側室や腹違いの兄弟姉妹たちを含め妻子を自分の道具としか思っていないため、父親との仲は非常に悪い。ランドール侯爵も自分の思い通りに動かないスザンナを排除しようと目論んでいるが、ジェフリー王子の婚約者にしてしまった事で迂闊に手出しができず、ジェフリーに他の女性を勧めているが却下されているらしい。


一方で、スザンナはランドール家の他の人間に全く関心がないというわけでもない。少なくとも自身の異母妹の一人に関しては父親からのDVに遭遇した時に手を差し伸べたり、彼女を救いたいというカタリナの相談に協力したりしている。


劇中ではラーナとしての姿の登場が多く、スザンナとしての出番はあまり多くない。

関連記事

親記事

FORTUNE・LOVER ふぉーちゅんらばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63581

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました