ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジオルド・スティアート

じおるどすてぃあーと

ジオルド・スティアート(Geordo Stuart)とは、小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の主要登場人物。
目次 [非表示]

『僕は絶対に君との婚約を解消するつもりはありませんからね』


概要編集

性別男性
誕生日8月20日
血液型AB型
出身地ソルシエ王国
身長180cm以上(※1)
体重
特技天才肌なので何でもこなす
好きなもの面白いこと
嫌いなもの
CV蒼井翔太(青年期)、瀬戸麻沙美(幼少期)
魔力
Power gauge(※2)知力:5 パワー:4 体力:4 魔力:4 カリスマ:4

(※1)『TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」プレリュードブック』の記述より(15歳時点)。

(※2)最高値は 5 で、最低値は 0 の魔力を除いて 1 となっている。


ジオルド・スティアートとは、小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』に登場するキャラクター。


乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』におけるメイン攻略対象の一人であり、物語の舞台となるソルシエ王国の第三王子。


幼い頃から優秀で人当たりも良く、金髪碧眼の美しい容姿も合わさって正に絵に描いたような理想の王子様といった人物だが、その本性は腹黒ドS策略家


生まれつき天才肌で何でも人並み以上にこなせてしまうため、幼い頃から人生に退屈しきっており、穏やかな人柄とは裏腹に内心は冷めきった性格をしている。


主人公(通称・野猿)が転生してしまった悪役令嬢カタリナ・クラエスとは婚約関係にあり、もし彼が『FORTUNE・LOVER』における主人公マリア・キャンベルとくっついてしまった場合、カタリナを待ち受ける運命は良くて国外追放、悪くて(マリアを守ろうとしたジオルドに殺される)。


そのためカタリナからは自身の破滅に関わる要注意人物の一人として警戒されている。


幼少編編集

ジオカタ

ジオルドが8歳の年、諸用で王宮を訪れていたクラエス公爵に紹介されるという形で本作の主人公である悪役令嬢カタリナ・クラエスと出会う。


そして同い年であるカタリナを連れて城の庭を案内していた最中、ジオルドに夢中になるあまり足元が疎かになっていた彼女を誤って転倒させてしまい、額に傷を追わせてしまう。


事故とは言え大切な公爵令嬢の顔に傷を付けてしまったことに責任を感じたジオルドは、償いとして自ら彼女との婚約関係を提案し、カタリナと許婚な関係になる。


……というのは建前であり(転んだのは偶然だが)、ジオルドの目的は公爵令嬢であるカタリナの身分を利用して貴族社会に入り込むことにあり、この段階ではカタリナに対して何の興味も抱いていなかった。


それからは見舞いという名のパフォーマンスのために度々クラエス家を訪れていたジオルドだったが、転倒してからというもの急に人が変わったように予測不能の行動を繰り出し始めたカタリナに次第に本気で興味を抱くようになり、気づけばカタリナ目当てにほぼ毎日クラエス家を訪れるようになっていく。


学園編編集

カタリナとジオルド

15歳になると、カタリナや双子の弟であるアランらと共に乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』の舞台となる魔法学校に入学。


この頃には完全にカタリナに惚れ込んでしまっており、破滅フラグ回避のため婚約を破棄しようと目論むカタリナの提案を笑顔で断り続けている。


また入学後はカタリナの婚約者という立場を利用して積極的に彼女との関係を深めようとしているが、当のカタリナはジオルドは『FORTUNE・LOVER』における主人公マリア・キャンベルとくっつくとばかり考えている上、カタリナの義弟であるキース・クラエスを始めとした彼女を慕う者たちの妨害を受けているため中々進展できずにいる。


ちなみに正規ルートであればジオルドは入学して間もなく同級生のマリアと出会い、平民出身である彼女の突飛な行動に興味を惹かれ関係が深まっていくはずだった。


しかし幼少期のカタリナとの日々の影響でちょっとやそっとの行動には驚かなくなってしまっており、その他の親密イベントもカタリナが意図せず代行してしまったため、マリアと関係が発展する可能性はほとんど絶たれてしまっていると言って良い。



魔法学園卒業後にカタリナとすぐにでも結婚したかったものの、上の兄ふたりがどちらも婚約者と結婚していない事から三男の自分が先にする事はできず、やむを得ずカタリナを魔法省に取られてしまうハメになってしまった。ちなみに長兄は婚約者と互いに結婚する気は毛頭なく、次兄は婚約者と両想いながらも真面目故に長兄が結婚するまでは結婚しないと決めており、ジオルドが結婚にこぎつけるのは当分先になりそうな様子。

またカタリナの父ルイジは王家との繋がりはそこまで必要としておらず、カタリナが望むなら婚約破棄しても良いと考えているため、ジオルドは意外と不利な状況である。


アニメ版で声を担当する蒼井翔太と瀬戸麻沙美はジオルドの人物像について、「言わば王道な攻略キャラクターだが、その中に色々と策士なところも見え隠れする人物」(蒼井)、「美しい王子。礼儀正しく、どんな事もこなしてしまう人。柔らかい表情を携えているけれど、腹中では強かに物事を判断している一面も」(瀬戸)と表現している(リンク先)。


『FORTUNE・LOVER』における人物像編集

カタリナの前世(通称・野猿)の世界で発売されている乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』シリーズには、「Ⅰ」と「Ⅱ」の攻略対象として登場する。


外見など基本的な設定はほぼ同じで、幼い頃から何でもできてしまう要領のよさゆえに、面倒な貴族社会で退屈な日々を送っていた腹黒ドS王子という点も共通している。

学園で迷子になったヒロイン(マリア・キャンベル)が現在位置を確かめようと木に登っていたところへ通りかかり、興味を引かれて親密になっていく。

婚約者であるカタリナのことは、他の令嬢を追い払う防波堤くらいにしか思っておらず、カタリナも王子との婚姻関係を続けるために「幼い頃負わされた傷が残っている」と公言して一向に婚約破棄に応じずこれが本編でのジオルドの恋愛の妨げになってしまう。(カタリナが治ったと言いジオルドが治ってないと言い張る本編の対応とは真逆である)


彼のルートはハッピーエンドを迎えるとカタリナがマリアに行った犯罪まがいの嫌がらせをした事実をジオルドが公にしてカタリナを婚約破棄及び国外追放に追い込みマリアと結ばれるが、バッドエンドを迎えるとマリアを守るため、彼女をナイフで殺害しようとしたカタリナをジオルド自らが剣で斬殺。婚約者を手にかけた罪悪感からマリアとも疎遠になってしまう結末らしい。


攻略難度が高く、ムキになった野猿が彼のルートをクリアしたのは事故で亡くなる日の明け方だった。


続編の『FORTUNE・LOVER Ⅱ 魔法省での恋』でも攻略対象の1人として登場する。ルートの詳細は不明だが、カタリナがソフィアから借りた小説に挟まっていた日本語で書かれたメモには『前回からの攻略キャラにはそれぞれのライバルキャラ等が関わってきて、その子たちと上手く付き合ったり、認めてもらったりすることで恋が進展していく』との記述がある。なお、今ゲームにおけるカタリナは既に国外追放された身となっている。そのため、別のライバルキャラがいるが(リンク先ネタバレ注意)...


関連動画編集


関連タグ編集

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

カタリナ・クラエス(婚約者)

アラン・スティアート(双子の弟)

関連記事

親記事

FORTUNE・LOVER ふぉーちゅんらばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3333719

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました