ピクシブ百科事典

ステーシーズ

すてーしーず

『ステーシーズ』とは大槻ケンヂによる少女がゾンビ化する世界を描いたホラー小説および、それを題材とした作品。
目次[非表示]

概要

ステーシー


1997年に大槻ケンヂ氏作のホラー小説『ステーシー』として角川文庫から出版され、1998年にはイラストの長田ノオトにより漫画化もされた作品。

2001年には内田春菊の元アシスタントだった友松直之監督により、尾美としのりが主人公渋川役、加藤夏希がヒロイン詠子役を演じた映画版『STACY』が公開。

そして2008年に外伝短編もまとめた『ステーシーズ―少女再殺全談』として出版され題名が『ステーシーズ』となった。

2012年にはモーニング娘。たちによるミュージカルステーシーズ 少女再殺歌劇』が公演されている。

筋肉少女帯のアルバム『ステーシーの美術』には同じモチーフを用いた楽曲が多数収録されている。

あらすじ

21世紀初頭、15~17歳の少女たちが異常な多幸感に包まれる臨死遊戯状様(N.D.H=ニアデスハピネス)という症状を発症したあと突然死し、ゾンビとなって甦る現象が多発していた。
そしてその少女ゾンビたちは、誰言うとなしに「ステーシー」と呼ばれるようになった。

【筋少ちゃん祭り】再殺部隊


表面に再生屍体蝶羽状輝微粉(B.T.P=バタフライティンクルパウダー)というハーブティーの匂いのする紫がかった銀粉に包まれたステーシーたちは人を襲って喰らうために、親族恋人によって活動を止める唯一の方法である165分割以上の肉塊ライダーマンの右手(映画版:ブルース・キャンベルの右手)と呼ばれる小型チェーンソーで解体されることで再殺される。

しかし、自ら手が下せないため、再殺権を持つ「ロメロ再殺部隊」に依頼するものも多くいる中、恋人・詠子がN.D.Hを発症した渋川は…

関連タグ

大槻ケンヂ 筋肉少女帯 小説 ステーシー
ゾンビ ゾンビ娘 ゾンビちゃん ゾンビ映画 
モーニング娘。 ミュージカル

中原中也

関連記事

親記事

大槻ケンヂ おおつきけんぢ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ステーシーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1317

コメント