ピクシブ百科事典

ゼニア・ヴァロフ

ぜにあばろふ

ゼニア・ヴァロフ (Zenia Valov)とは、格闘ゲーム『アルカナハート』におけるプレイヤーキャラの1人である。
目次[非表示]



格闘ゲーム『アルカナハート』の登場人物。「2」から参戦。

プロフィール

格闘スタイル露国聖霊警察隊 杭兵式戦闘術
武器銘イディナローク
国籍ロシア
誕生日不明
星座不明
年齢不明
身長174cm
体重55kg
スリーサイズB83:W57:H84
血液型AB(Rh-)型
家族構成妹(リーゼロッテ)
得意な科目お菓子作り(クッキー
苦手な科目少なくない
所属(学年、部活)フリーランスの傭兵(聖霊事変専門)
キャッチコピー「戦火を巡る金色の戦杭遣い」
CV清水香里


概要

腕に装着したパイルバンカー式の武器「イディナローク」を操る傭兵
関東一帯に次元の歪みが広がった「関東大事変」において、
露国聖霊庁に雇われ、日本を訪れる。

かつて露国聖霊警察隊に所属していたが、組織解体後はフリーランスで活動している。
露国聖霊警察隊時代から高い能力を発揮しており、剣の達人である朱鷺宮神依からも
実力を認められる戦いのプロフェッショナルである。
自分にも他人にも厳しいタイプで、戦場を巡ってきた経験もあって、
一般人出身の他の聖女たちが戦いに参加することを快く思っていない。

が、少女としての感情は完全には失われてはいない。
趣味の『お菓子作り』や、神依とのペンギン人形争奪戦でムキになるところにその片鱗が見える。
(人形争奪戦においてゼニアは『敵前逃亡は杭殺刑』と言って一歩も引かなかった)

幼少時の記憶が無く、ゼニア曰く『気づけばモスクワの孤児院に預けられていた』との事。
ゼニアは現在もその孤児院と繋がりをもっており、傭兵稼業で得たお金を匿名で寄付している。

契約アルカナは、「氷のアルカナ アルマシア」
長い時間をかけて全世界を旅したペンギンが高次の存在と化したもの。
聖霊化後もその好みは変わっておらず、ゼニアとともに世界を巡るのを楽しみとする。

失われた記憶

本名、エルフリーデ・アッヒェンバッハ。つまりリーゼロッテ・アッヒェンバッハの姉である。
魔族からの援助を受けて大戦中に暗躍した「ドレクスラー機関」が生み出そうとした
第二世代の人工聖女「戦乙女(ウァルキュリー)」の被験者であった。
前述の記憶喪失の原因はこのウァルキュリー化の副作用のためである。
生き別れの妹のリーゼも被験者だったが、リーゼにはゼニアの記憶がある様子。
詳しくはリーゼの記事を参照のこと。

余談

苗字にも男女の使い分けが存在するロシア語において、
彼女の名前は『ゼニア・ヴァロ』になるべきでは? というマニアックなツッコミが存在している。
一応実際に女性が男性用の苗字を使うことは少なくないので『ヴァロフ』でも間違いではない。

関連タグ

アルカナハート 軍人 アルビノ パイルバンカー
リーゼロッテ・アッヒェンバッハ (実の妹)
朱鷺宮神依 (2にて公式ライバルとして設定)
執事 (ゼニアの設定当初は執事になる予定だった。ネクタイがその名残とのこと)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼニア・ヴァロフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133052

コメント