ピクシブ百科事典

ゼERO(ゼERO)

こっちはとうじょうきゃらくたーのしょうかいじゃ

634氏の動画シリーズ「ゼERO」に登場するゼロの別名。というかこの世界ではこの名前が本名。
目次[非表示]

概要DAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!

ロックマンシリーズの登場人物ゼロが、イレギュラー化してEROに走った姿。
※ゼEROにおけるイレギュラー化は本編とはかなりニュアンスが異なり、要はERO化することである。
ゼEROの主人公。

DAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!」や「ア゛ァ゛ーッ!!」」といった断末魔に近い奇声を発する。
エイリアパレットレイヤーを始めとする様々な女性に熱を上げ、性交渉を試みる。
とりわけアイリスに対しては激しく、そして異常に歪んだ愛情を抱いている。
種無しであることが判明したかと思うと、他人を妊娠させたりするなど矛盾したことが度々起こるがゼEROシリーズではよくあることである。
登場回数がトップクラスであることから、倒れたアイリスにぶっかけたり、おっぱい星人だったり、ロリコンを暴露したり、SEックスと和姦成立したり、シグマ隊長に告白したり、「俺はマゾだ!」と堂々と公言したり、中の人演じるキャラに夢中になったりと性的趣向は幅広い。
しかしNTR属性はないようで、自分を見失ったりショックで叫んだりする。
2013年からは「お前はキモイんだよ!」といった辛辣な言葉が目立つようになってきており、彼のお気に入りであるはずのアイリスにも様々な罵倒を言い放っている。

俺を目覚めさせてどうしようって言うんだ?

ゼロシリーズの姿で登場する事もあり、その姿の時でも相変わらずレプリエロイドとして通常運転で活動する。何の前触れもなしにヤンデレ化したアルエットに出会い頭に襲われたりもしている。
また、ゼロシリーズでの姿の時に発する「オップァアアアアイ!!」という彼の魂の叫びは、かっこいいおっぱいの言い方と称されている。
「TN汁を守るための力だ!」や「今なら言える!オップァイ!」といった発言が見られるが、後者については「いつもそれしか言ってないだろ」などとツッコまれる。
2017年7月には優花里推しであることが判明。どのような経緯があって至ったのかは不明だが、X時代のゼEROをいじめている。

秋山優花里の話はヤメロォォォォォ!

2014年7月末以降、薬漬けプレイを強要してくる秋山優花里に強烈なトラウマを抱えており、例え見た目が全く違うキャラクターだったとしても中の人が同じだったり、名字or名前が同じだと分かっただけで拒絶反応を起こして悲鳴をあげる。(途中からは「ココア」という言葉が出てきただけでも同様。)
そして悲鳴を聞きつけた本人がやって来て、惚れ薬入りココアや注射を無理矢理投与されて悲惨な目に遭う事がほとんど。
ひどい場合には何の前触れも無く登場することもある。

関連タグだア゛ァ゛ーッ!!

ゼERO SEエックス

コメント