ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「いざとなりゃあ、オレの本の力で守ってやる!」

「ボーイは余計なんだよ! ジジイ!!!」

「俺は今… この像を守る仕事をしてるんだ…」

人間換算年齢15歳
好きなものたい焼き、チョコミントアイス
趣味格闘ファミコンドライブ
CV山口勝平

概要

第一期(邂逅編)にて登場した魔物の少年。
パートナーは資産家のMr.ゴルドーで、本の色は
腕っぷしが強く面倒見のいい兄貴肌だが、ゴルドーにはよく子ども扱いされている。

外見

長く逆立った髪型が特徴的であり、髪の色は銀色眉なし四白眼で、目の下には他の人型の魔物と同様に線が入っている。
意外と高身長であり、ウォンレイと同じくらいの背丈。
不良のボンタンのような紫色のズボンにベルトを2本巻いており、袖の破けた紫のインナーの上に白いシャツを着ている。

性格

仕事に文句を言ったり、ほめられて上手くノせられたりと、子供っぽさが抜けないところがある。そのためゴルドーからは「ダニーボーイ(若造)」と呼ばれており、そのたびに本人は訂正している。

初対面のガッシュをいきなり攻撃するなど、良くも悪くも素直で単純。しかし取っ組み合いをしながら話すうちに打ち解けて、それ以降は何かとガッシュを気にかけており、面倒見のいい一面もある。清磨には「良い兄貴分ができた」と言われている。

ゴルドーとはよく口げんかをするものの、彼が銃撃されそうになったら身を挺して庇い、人質にされたら攻撃を中断するなど、心の底では大切に思っている。ただ、そんなところもゴルドーに言わせれば「まだまだ未熟」であり、結局子ども扱いされてしまっている。

戦闘能力

後述するように呪文が1つのみであるため、戦闘時は自身の純粋な身体能力による格闘となる。ガッシュに出会う前に他の魔物と戦闘を行ったようだが、作中では対魔物の戦闘は描かれていない。
しかしながら、分厚い鉄扉を蹴り破る、マシンガンの銃弾を避け切る、の屋根を突き破ってトレーラーの荷台を受け止めるなど、身体能力は高い。
「どんな力をも恐れぬ根性(ガッツ)がある」とゴルドーは語っている。

尚、「金色のガッシュ!!完全版」のオマケ漫画にて、初めて対魔物の戦闘が描かれている。
格闘に秀でたウォンレイと互角以上に殴り合うという、高い戦闘能力を見せつけた。

呪文

  • ジオルク

ダニーの唯一の呪文。本が燃えない限り、どんな傷であろうとも瞬時に自身の肉体を回復・再生する、云わば超回復能力。ただしきちんと痛みは感じる。
全身をマシンガンで撃たれても一瞬で復活しており、弾丸も自動的に体外に排出される。近接戦に強いが、遠距離や超火力に対してはどうなるのか不明。

パートナー

資産家の小柄な老人で、高い鼻に小さなメガネをかけている。また、常に葉巻を持ち歩いている。リビア国籍。
芸術を愛し、名高い作品の取引や受け渡しも行っている。その仕事には非常に厳しく真剣に向き合っており、遂行のためには自身の命もいとわない。

ダニーのことは「ボーイ」扱いしているものの、実際には実の息子のように大切に思っている。彼に仕事を通して「やり遂げること」の大切さを伝えた。


動向・経緯

数百億の値が付くといわれる『シェミラ像』の護送のため、海外から日本の美術館へとやってきた。ゴルドーからたい焼きのお使いを頼まれ、その際にシェミラ像を見に来たガッシュと遭遇。彼が魔物と気づき喧嘩を吹っ掛けるが、シェミラ像を見に来たと知って美術館へと案内する。

美術館へと付いた直後、ゴルドーからシェミラ像を強奪されたことを知らされ、ガッシュとともに奪還を図る。一時ゴルドーが人質に取られ窮地に陥るも、清磨の介入により奪還に成功する。

雑談しながら車で移動する一行。しかし前方のトレーラーがパンクし、車に向かって倒れ掛かる。ダニー以外の3人は外へ避難するも、ダニーは像を守るためにトレーラーを受け止める。
そしてガッシュと清磨に、自身と本もろともトレーラーを爆破するよう訴えるのだった。

ボロボロになりながらも像を守り抜き、本が燃えたことで消えゆくダニー。するとゴルドーはおもむろに、燃える本に手を触れ呪文を唱える。そして傷の治ったダニーに呼びかける。



「よくやったな ダニー」

「へ… へへ… どうしたい?」

「若造(ボーイ)がついてねえじゃねえか?」



最後まで仕事をやり遂げたダニーに、もう若造とは呼べないと告げるゴルドー。その嬉しさに、ダニーは涙が止まらなかった。



「じじい… ありがとな…」

「礼を言うのはこっちじゃわい…」

「楽しかったぞ… 我が息子(マイボーイ)よ…」



ダニーが消えたのち、ゴルドーもまた静かに涙を流すのだった。

























以下、最終章ネタバレ注意






























「今度は… 俺たちが、 お前を助ける番だ…」

「さ、 もうひとふんばりだぜ… ガッシュ…」



クリア・ノートとの最終決戦の中、満足に動く筋力も残されていないガッシュ。魂だけとなった魔界の住人を生き返らせるため、決してあきらめることなく立ち向かうその姿は、すべての魔物の心を動かした。

ガッシュと清磨、二人の激情に呼応するかのように黄金に光輝いたガッシュの本には、「ジオルク」の呪文が現れていた。
そして完全に傷が癒えたガッシュの前に現れたのは、肩に手を添え、微笑みかけるダニーの姿だった。

ガッシュの想いを感じたダニーは、「ガッシュを助けたい」と強く願い、ふと気が付くとガッシュの本の中にいたという。
そして彼は告げる。「力を貸すのはオレだけじゃない」と。

ここから物語はクライマックスを迎えるのだった。


余談

  • 彼の登場した第7巻の巻末にイラストが描かれており、幸せそうに大量のたい焼きを食べている。
  • 最終決戦後はウォンレイと同じ学校に通っており、親しげに会話をしている。
  • ちなみに、彼は普通に車を運転しているが、免許をどうしたのかは不明。
  • 第一回人気投票では9位に入っており、投票時点で魔界に帰った魔物の中で一番順位が高い。

関連記事

親記事

金色のガッシュ!!登場人物一覧 こんじきのがっしゅのきゃらいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダニー(金色のガッシュ!!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2101

コメント