ピクシブ百科事典

チョークスラム

ちょーくすらむ

チョークスラムとは、プロレス技の一つ。和名「喉輪落とし」

詳細

相手の喉を真正面から掴みかかり(相撲でいう喉輪の状態)、相手を持ち上げ投げ落とす大技。
基本的に大型レスラーがフィニッシュホールドに使う事が多く、見た目の分かりやすさからファンからの受けも上々。

主な使い手

  • 田上明:日本の「NOAH」所属の巨漢。「喉輪落とし」の名で使用。輪島大士の「ゴールデン・アームボンバー」をヒントに独自開発した、この技の創始者の1人。雪崩式の「大車輪喉輪落とし」、エプロンからの「断崖式」、アトミック・ドロップのリフトから決める「俺が田上だ」、ブレーンバスターのリフトから決める「秩父セメント」などバリエーション多数。
  • アンダーテイカー:数回にわたるキャラ変更を行っているが、最初期から好んで使っている技。彼のそれは投げ落とすと言うより、「投げ捨てる」と言った方が正確か。
  • ビッグショー:テイカーと並ぶWWEの大巨漢。こちらはまさしく「投げ落とす」感じだが、リング中央で数歩円を欠くように助走を軽くつけ、相撲で言う浴びせ倒しのように一緒に倒れ込むのが特徴。

関連記事

親記事

プロレス技 ぷろれすわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チョークスラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16396

コメント