ピクシブ百科事典

ティーゲル(Bビーダマン爆外伝)

ぼんばーまんびーだまんばくがいでんのてぃーげる

ティーゲルとは『Bビーダマン爆外伝』のキャラクターのことである。(メイン画像左のキャラクター)
目次[非表示]

概要

CV堀秀行
ダークビーダ四天王の二番手であり、橙色の鎧を装着しているトラロンが変化させられた存在。
ドラーケンの敗北を受けて、ビーダシティ制圧に乗り出した。
基本的に考えることが苦手な性格であり、自らを『力のティーゲル』という二つ名で名乗る程に力押しで攻め立てる戦略を得意としている。
しかし後先考えずに行動するばかりか、一度キレてしまうと手が付けられなくなるのが欠点。
劇中では怒りのあまり、何度もエネルギー切れを起こして撤退する羽目となっている。
しかし戦闘力は高く、生身で戦った際もくろボンと互角に渡り合うほど。
一度は自滅に近い形で敗れ去り皇帝によって牢屋に幽閉されていたが、後にダークプリンスの配下として釈放。
意外に恩には報いるタイプであり、彼に絶対の忠誠を誓っている。
ダークプリンスの作戦によりビーダシティでボランティア活動をさせられ続け、「我慢」を覚えさせられるギャグ描写も存在。
(しかし、それは我慢の限界で爆発したエネルギーを利用し、ティーゲルを強化させるための作戦だった)
四天王の中では特にシュリンゲとは相性が悪く、彼女と戦闘を行ったこともある。

配下

ダークグンシ

CV園部啓一
ティーゲルの右腕及び参謀的存在。その名の通り軍師として作戦を考えたりなどしてティーゲルをサポートする。だがティーゲルは力業で戦おうとするため作戦の大半は失敗で終わってしまう。作戦や小難しいことを嫌うティーゲルからは疎ましく思われているが、ダークグンシもティーゲルに影口を叩くこともある。
最後の作戦ではビーダエクスプレスの技術責任者に化けて、しろボン達を騙し『ホワイトゲイルⅡ以外のビーダアーマーを罠である装置で固定して使用不能にする』という活躍をするが、ティーゲルの操る銕白虎までも罠による装置で捕らえられてしまい、ティーゲルを助けようとするも逃げ遅れ、ティーゲルやモミテボン、そしてホワイトゲイルⅡをはじめとするビーダアーマー達と共にビーダエクスプレスの爆発に巻き込まれてしまい、吹き飛ばされてしまった。
その後はティーゲルと共に投獄されたが、ドラーケンの配下たちと違ってその後再登場する事はなかった。
ちなみにティーゲルを演じる園部氏は後の作品アクマントの声を演じている。

ダークトアミ

CV塩屋翼
ティーゲル……ではなくダークグンシの部下。ビーダエネルギーを集める専門家で、その名の通り網を発射してビーダロンを捕獲するのを得意とする。だがが好物で酒癖も悪く、『あと一歩のところで酒を飲んで失敗してしまう』という致命的な欠点を持ち、それが原因で何度も失敗を繰り返している。作中でも銕白虎のエネルギー補充のためにしらさぎロンを百羽捕らえ、作戦成功まであと一歩……という所で酒盛りをしてしまい、その間にしろボン達によってしらさぎロンを奪還された挙句、ビーダエネルギー貯蔵用タンクが壊れてしまい、洞窟に閉じ込められてしまった。

銕白虎(くろがねびゃっこ)

四神白虎をモチーフとした、ティーゲルの愛機である白と橙色のダークアーマー。
鋼蒼竜と同様に胸部アーマーを展開させると、その内部に大型のメタルビーダマを撃ち出せる砲門を備えている。
更に頭部にも通常のメタルビーダマを撃ち出せる砲塔が備わっているが、ティーゲルのパワーに着いていけず、幾度もエネルギー切れを起こしている。
一度は自滅に近い形で破壊されてしまったが、後にDr.シャドーによって強化再製作された。

関連イラスト

同じ名前の他作品のキャラクターの作品が多数投稿されているため、検索する際は『ティーゲル 爆外伝』のように作品名もセットで検索するのを推奨する。

冷えてきましたねぇ・・・。(真っ青)
きびしーい!


良い、お年を♪
殿下と四天王。



関連タグ

Bビーダマン爆外伝 ダークビーダ四天王 白虎

関連記事

親記事

ダークビーダ四天王 だーくびーだしてんのう

兄弟記事

コメント