ピクシブ百科事典

ディオスクリア

でぃおすくりあ

ディオスクリアとは、TVアニメ「アルドノア・ゼロ」に登場するカタフラクト(人型機動兵器)である。

概要

ヴァース帝国火星騎士37家門が一人、ザーツバルムの保有するカタフラクト
他のアルドノアドライブの制御信号を機体の搭乗者に翻訳可能な物に変換する固有能力を有しており、これによって火星のアルドノア研究に貢献した機体でもある。
その能力によって現在実用化されているアルドノアのほとんどはこの機体によってテストされており、外部のアルドノア搭載機関を制御実験する為の接続システムを持つ。
火星カタフラクトの中でも特に古い部類に入る機体であり、またドライブ保全の為に耐久力と機動力、修理のし易さを追求して開発されたものの、どのような能力を持つか使ってみるまで分からない古代文明の遺産のテストなどを行えばどうなるかは考えるまでもなく、破損の度に修復と改修を重ねていった結果本来のパーツは殆ど残っておらず、古い機体ではあるものの決して旧式と切って捨てられるような機体にはなっていない。

本機は、前述のアルドノア接続システムを戦闘に転用し、本体となるコアロボット、腕部・脚部となる二種類の無人機、胸部と脚部接地部分(所謂下駄)を構成する飛行ユニットの合計6機のカタフラクトが変形・合体する事で完成する大型カタフラクトであり、その全長はスレイプニールアレイオンの倍に達する。
ディオスクリアを形成する各カタフラクトは、コアロボットに搭載されているアルドノア能力が元々戦闘向きではなく、また同機が火星のカタフラクト開発に必要不可欠な機体である事もあって、コアロボットの護衛と強化を念頭に置いて開発されている。
合体状態では飛行形態への変形機構を有し、更に単独での大気圏突入及び離脱も可能。また、機体を構成するカタフラクトはそれぞれが全て人型形態への変形機構を持ち、脚部相当の機体は腕部を形成する機体を運搬するキャリアとしての機能も持つ。
合体システムの恩恵として複数のアルドノアドライブを搭載し、全長31メートルにも及ぶ巨体を稼働させているが、これは通常であれば1機につき1種類が基本となるアルドノア能力とそれを応用した武装を複数使用できるという利点を持つ。
また、分離形態であっても各々の機体がアルドノアを搭載している事もあり、戦闘能力も地球連合軍のそれと比較して高く、分離した各機を広域に展開する事で戦略的な視点で運用する事も可能となっている。
その可変機構によって飛行能力に長けていた事から15年前の火星・地球間の戦争に於いて先兵としてデューカリオンと共に種子島へ降下し、共同で運用された。その為、伯爵機としては唯一過去に於ける地上運用実績を持つ機体であると言える。

武装としてニロケラス次元バリアアルギュレビームサーベルヘラスロケットパンチと単分子化能力などを保有しており、これを駆使する事で圧倒的とも言える戦闘能力を発揮する(なお、ロケットパンチに関しては腕部機体を分離させ飛翔・遠隔操作している。加えてビームサーベルは腕部から直接発生させる方式となっているなど、細かい点で差異がある)。
また、ビームサーベルは分離状態であっても腕部相当の機体が単独で使用可能。本体となるコアロボットは機体の性質上火力の増強が難しかった為、オプションとして肩部にミサイルを搭載可能なコンテナユニットを装備する。

しかし、アルドノア能力の相性の観点(ロケットパンチ使用時に運動エネルギーが相殺される事から次元バリアが使用できない等)から、複数の能力を同時に行使する事が出来ないという欠点を有し、合体状態では揚陸城内など閉所で運用するには機体サイズが大きすぎる為、動作が大きく制限される。
またアルドノア能力の欠点も他の機体と同様であるため、次元バリアは能力の切り替え時にバリアの穴が露呈し、ロケットパンチは接近戦時に使用すると単分子化できない腕の接合部ががら空きになってしまうなど、複合機として運用の幅が広がったが故の新たな欠点も抱えてしまっている。更に本体にはこれと言って特殊な武装も能力もなく、合体しているパーツが剥がされれば戦力も低下するのも弱点となっている。
この事から有効な運用には相応の技量と戦術眼を必要とされる。

尚、ディオスクリアは元々コアロボットの四肢にそれぞれマシンを接続する5体合体形式を取るつもりだったが、複数のドライブを同時に運用した結果、ごく短時間稼働しただけで機体が融解するレベルの深刻な排熱問題が発生。それを解決するべく合体形式の見直し、冷却用のパーツの大幅な追加を行った結果、合体機構が複雑化し合体に必要な機体も一機増えるという結果を招いている。

関連項目

アルドノア・ゼロ カタフラクト
ザーツバルム 漢の浪漫

pixivに投稿された作品 pixivで「ディオスクリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31036

コメント