ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

英語「dispel」
意味は、霧を散らす。払いのける。
ゲームなどではアンデッドモンスターを浄化、消滅させる僧侶の魔法、特殊能力として登場することが多い。その他の用例もある。


ファイナルファンタジーシリーズ

「解呪」の魔法。主に持続型の魔法効果を打ち消す効果を持つ。
FF1,2までは対象の耐性を打ち消す魔法の効果もある。当時の表記は「デスペル」。
後の作品では「ディスペル」表記になる、


ソード・ワールドRPG

魔術師(ソーサラー)が使う古代語魔法(ハイ・エンシェント)として「ディスペル・マジック」が登場。
個人、物体、空間などに掛かった呪文の効果を解く。
呪いは解くことが出来ない(神聖魔法の「リムーブ・カース」、古代語魔法最上位の「パーフェクト・キャンセレーション」などが必要)

世界観を同じくするロードス島戦記や、別世界であるもののシステムの一部を引き継いでいるソード・ワールド2.0にも同名の魔法が存在する。


ウィザードリィシリーズ

僧侶系の職業が使う特殊能力。日本語では「呪いを解く」と表記される。
ゾンビや亡霊など不死系の魔物1グループを一定確率で倒す事が可能だが、経験値は手に入らない。
魔法とは別の能力として扱われており、モンティノの呪文で魔法を封じられていたり、自パーティの先制攻撃時でも使用可能。
僧侶(プリースト)は1レベルから。司教(ビショップ)、君主(ロード)はレベルを上げることで使えるようになる。
ドラゴンクエストシリーズにはいくつかウィザードリィをヒントにしたものが登場するが、ニフラムの魔法は恐らくこれが元ネタと思われる。

システムが既存のものとまったく違うウィザードリィ6系統作品では、魔領域の魔法として「ディスペル・アンデッド」が登場する。
こちらは普通の魔法攻撃であり、普通に経験値を得ることが出来るが、同時に魔法封じの影響も受ける。

天使になるもんっ!のディスペル

美を求める魔界人の男。CV:岩田光央

関連タグ

魔法 ファンタジー

関連記事

親記事

魔法 まほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディスペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38220

コメント