ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2800/守2000
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
(2):このカードの(1)の効果を発動した場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分フィールドに「モータートークン」(機械族・地・星1・攻/守200)1体を
攻撃表示で特殊召喚する。

概要

遊戯王Rにて限定的な復活を遂げたバンデット・キースが、城之内との再戦時に使用した機械族の最上級モンスター。
真っ赤なボディと両手に取り付けられた巨大な刃が特徴的な大型マシーンモンスター。最初はキースの作戦により城之内のフィールド上に召喚され、一時的に城之内のモンスターとして戦うことになった。この際、「城之内クラッシャー」という攻撃名を授かった(本来の攻撃名については不明)。

遊戯王Rのストーリー上では「モーターモンスター」と呼ばれる区分に属する最上級モンスター(現在の遊戯王OCGには存在しないカテゴリー)。自己強化とそれに連動する自壊効果、そして自動的にトークンを産出する能力を持つが、原作のこのカードは特に効果を持っていなかった。劇中で使用された他のカードの効果やこのカードが登場した後の展開を、このカードの効果として搭載することで原作再現が図られている。

最上級モンスターとしてはそれなりの戦闘力に加え、自発的に攻撃力を高められる効果は魅力的だが、自己強化効果を使用した場合はターン終了時に自壊してしまう。リミッター解除強化支援メカ・ヘビーウェポンなどを利用すればより有効に使いこなせるだろう。
また、モータートークンの量産はターン終了時に自動的且つ強制的に行われるため、相手のターン開始時にほぼ必ず貧弱な戦闘力のトークンが攻撃表示で存在するという状況を作り出してしまう。前述の効果で自壊する場合でもトークンは産み出されるので、戦力を多少補強できるのは強みではあるが、残りのライフが少なくなってきている状況では産出されたトークンを狙い撃ちされ、その戦闘ダメージでライフが尽きるという事態にもなりかねない。この辺りをどう対処しながら操るかが使い手の腕の試されるところである。

現在はリンク召喚によりトークンの処理がしやすくなってはいる。

原作と比較すると扱いづらくなってしまった面はあるが、も鑑みればこれは比較的マシな方と言える。

関連項目

機械族
バンデット・キース

関連記事

親記事

機械族 きかいぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デモニック・モーター・Ω」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 431

コメント