ピクシブ百科事典

ナマトヌカナシ

なまとぬかなし

鹿児島県の奄美大島に伝わる足、尾、角が八本ある牛の姿の農耕神。

概要

鹿児島県奄美大島瀬戸内町と海を挟んだ加計呂麻島に伝わる農耕神。
漢字では奈麻戸奴加奈之と書きナマトンカナシ・ナマトヌガナシとも呼ばれる。
姿は星のような模様の身体に足、尾、角が各8本ずつある大きなという異形で、2月の壬の日の「迎え祭り:オムケ」と4月の壬の日の「お送り祭り:オホリ」の、二回の「ネリヤ・カナヤの神の送迎祭」に現れる。

チャルメラの様な鳴き声をあげるといわれ、篝火の光の中を八本の脚で歩き回って田を耕すという。

島民たちはこの神を非常に畏怖しており、一部のノロの一族のみが対峙することを許されているというが、現れたときには地面に頭をつけて拝んでいるために、姿を見たものは皆無であるという。

なお、トカラ列島の悪石島には水田が無いためか、現れても特に益が無いボゼという魔物が出るといわれている。

関連タグ

鹿児島県 奄美群島 奄美大島
神獣 聖獣 幻獣  多脚
奈麻戸奴加奈之 マジムン

蚩尤

関連記事

親記事

幻獣 げんじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナマトヌカナシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197

コメント