ピクシブ百科事典

ナーラオ&ヨースル

なーらおとよーする

メイン画像左の色白の女性がナーラオで、右側の小麦色の肌の女性がヨースル。
目次[非表示]

概要

ナーラオ&ヨースルとは、クレしん映画の第19作目黄金のスパイ大作戦に出てくるゲストキャラクターにして、本作における黒幕。
スカシペスタン共和国の共同統治者であり、事実上の独裁者。称号は、ナーラオが最高元帥で、ヨースルが最高総統。ヘガデル博士が開発した「メガヘガデルⅡ」を奪い、世界を征服することが目的。
最終的には「メガヘガデルⅡ」を食べたしんのすけとスノモノ・レモンがミサイル発射に必要な施設を破壊し、自身もそれを食べさせられたことで事実上失脚する。
その際に改心ともいえる言動と、もう一度二人でやり直すことを決意する。
彼女達の関係は不明だが、ストーリー終盤の会話を聞く限りではおそらく親友同士であると思われる。

人物

スカシぺスタン共和国の共同統治者であり、年齢不詳。しんのすけがおばさんと称していることからも、それなりに年齢を重ねているはずであるが、かなりの巨乳で優れたナイスバディを持つその美貌から、年齢を推し量ることはできない。
また、その関係性も不明であり、姉妹なのか、恋人なのかはわからないが、殆ど絶対的ともいえる信頼をお互いに対して抱いており、活動する時は二人一緒に行動している。
基本的にどんな時でも余裕を崩さず、優雅さを感じさせる態度は一貫しているものの、しんのすけとスノモノ・レモンの同時ケツだけ星人だけは無礼者と怒りを露わにした。

経歴

年齢と彼女たちの関係性同様、詳細は不明。
本人の話によると彼女たちが若いころ、おならが原因で人生を台無しにされたことが判明している。
また、ラストシーンでセリフから、元々は単なる一市民でしかなかったが、二人で協力し合うことで一国の支配者にまで成り上がったことがうかがえる。一種の女傑ともいえる。

目的

軍事力による世界征服を目指すオーソドックスな悪役であり、スノモノ・レモンとしんのすけを利用して隣国の科学者であるヘガデル博士の作った「メガヘガデルⅡ」を奪い、世界を征服する事が目的。
ただ、その世界征服の手段だが、中々に悪辣。
世界征服の手段自体は、「『メガヘガデルⅡ』によって発生した悪臭のおならをミサイルに詰めて世界中の各都市に向けて発射し、悪臭によって都市から人々を追い払う事で都市を制圧する」という作戦であり、「人的・物的被害を出さずに都市機能を麻痺させる」と言うかなり高度で戦略的なものとなっている。
問題はミサイル精製の為の過程。
悪臭を詰めたミサイルを精製するためには、「メガヘガデルⅡ」を食べさせて出たおならを集めるのだが、その際におならを発射する人間は体が風船のようにパンパンに膨れ上がり、おならを一発発射するだけでも死を覚悟するほどの恐怖と苦痛を味わって疲労困憊するというありさまであり、その様子は目の当たりにしたスノモノ・レモンが愕然とするほど。
しかし、そんな「メガヘガデルⅡ」を国民の中から選んだ2000人に毎日食べさせることで、ガスを大量に精製し、ヘレブシアターと言う施設に集めることでミサイルを精製するという計画を目論んでおり、そのガス精製専門の人間をヘレブ(恐らくは屁とスレイブを合わせた言葉)と呼称している。
ヘレブに選ばれた人間は、文字通り人間として扱う気が一切なく、劇中での野原家に対する描写を見る限り、恐らくはメガヘガデルⅡ以外の食事を与える気もない模様。
つまりは、自国民に対して兵器製造の為の素材としか見ていない

余談

クレしん映画において二人組の悪役黒幕となるのはマカオとジョマに並んで二組目。
また、『敵組織に美人の女幹部が存在している』という設定自体はクレしん映画のお約束と言っても過言ではないが、女性が物語全体の黒幕であったこともこれが初。
また、クレしん世界の中に存在する一国の国家元首が敵の親玉であったこともこれが初。
と、何気にクレしん映画の中の初の予想が多い。

関連タグ

クレしん映画 百合 悪女 女傑

関連記事

親記事

黄金のスパイ大作戦 おうごんのすぱいだいさくせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナーラオ&ヨースル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210

コメント